日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通学路で猫が車に轢かれて死んでたんだ。

954 :本当にあった怖い名無し:2009/12/28(月) 17:49:51 ID:UzCI1G+g0

怖いっていうか不思議な話なんだけど、
家の近くの山に老人ホームがあるんだがお年寄りが餌をやってて
大量の野良猫が住み着いてるんだ。



俺が幼稚園の年中ぐらいのとき、ぬこをもふりに冬休みにその山に遊びに行ったんだが
人になれてないのか俺が近づいても猫たちはすぐに逃げ出す。
あきらめて帰ろうとしたその帰り道に高校生くらいの人がいたんだ。
男か女かわからなかったんだが、白っぽい服を着てしゃがんで猫を撫でてた、しかも周りには
5、6匹の猫が怖がる様子もなくくつろいでたんだ。
俺はこの人が撫でてる猫なら自分も触れるかも知れないと思って
「すいません、その猫なでさせてもらってもいいですか?」
って聞いたんよ。そしたらその人は黙って猫から手を離したから
触ってもいいんだなとおもって遠慮なくぬこをもふった

955 :954:2009/12/28(月) 17:50:38 ID:UzCI1G+g0

俺はこの人に猫たちが慣れているのはこの人のじっちゃかばっちゃが
老人ホームに住んでいて一緒に餌付けしてるからだと思って
「老人ホームにおじいさんかおばあさんがいるんですか?」
って聞いたら黙って頭をふっていた。
よく見たらその人の両方の目の色がちがうんよ。片方は薄い茶色なんだけど
もう片方は灰色っていうか水色っていうか、とにかくあきらか日本人の目の色じゃない。
まぁその時は深く考えずそんな人もいるんだなぐらいにしか考えてなかったんだけど。
で、それから毎日冬休みが終わるまで俺は猫を撫でさせてもらいにその人に
会いにいったんよ。 けど幼稚園が始まってからはその山に行く暇もなくて
その人のことも忘れかけてた。けど俺が小学校に入ってしばらくったときに
通学路で猫が車に轢かれて死んでたんだ。
その猫っていうのが白くてしかも両目の色が違う。俺はすぐ老人ホームのある山に登って
あのときの人を探したんだがその人はどこにもいなかった。
今でも白い服の人は実は猫だったのかななんて思う時がある。


粘膜兄弟 (角川ホラー文庫)
飴村 行
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 14010

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

猫の擬人化……

2010年03月30日火 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。