日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が小学校2年生だった時の話

166 :本当にあった怖い名無し:2009/09/17(木) 22:26:40 ID:YWCpxiP90

私が小学校2年生だった時の話

私の父は出張が多くビジネスホテルに泊まる事が多かった
父は出張先では夜はお酒を飲みに出かけることが常で、
出張先から連絡をくれるなどということは滅多にありませんでした


携帯電話はもちろんテレフォンカードすらない時代です
電話するとすれば公衆電話から家にかけるわけですから、
用もないのに10円玉を揃えて長距離電話などしないわけです

そんな父が出張に出かけたある夜
父から電話がきました…しかも夜の11時過ぎに
要件は
「仏壇にある紙に書いてある不動明王の真言を教えてくれ」…とのこと

応対した母は訝しげな顔をしながら
「○○(私の名前)、仏壇から紙をお経の書いてある紙を取ってきて」と言い
私が持ってきた紙から不動明王の真言を探して、電話口から父にゆっくり伝えました


168 :本当にあった怖い名無し:2009/09/17(木) 22:49:38 ID:YWCpxiP90

父は次の日無事に家に帰ってきたのですが、非常に疲れた顔をしていました
以下は父の話です

「昨日は酷い目にあった…夢で鎧武者が次々に襲って来るんだよ…。
逃げて逃げて…追い詰められた時に突然隣にいる誰かから剣を渡されたんだ…
それがすごく切れる剣でな。それでバッサバッサ鎧武者を斬って助かったんだ…。

汗だくになって夜中に目が覚めて、ああ、あの剣は不動明王様のだって思い出したんだ。
で…電話かけてな真言を教えてもらったんだ。ホテルの部屋の空気がなんとなく重くてな…。
真言を何度も唱えながら朝を待ったんだ」

父がホテルをチェックアウトする時にフロントでそれとなく聞いてみたら、
そのホテルはとある古戦場跡に建てられていたとのことです

「いやーあるんだな…」

父は幽霊の話など一度もしたことなっかたし、
テレビの心霊特集など見ても「くだらん」と言い切る人だったので、
その一言は今でも鮮明に覚えています


恐怖 (角川ホラー文庫)
北野 勇作
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 639063



関連エントリー
Loading


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。