日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道路工事をしていた時のこと。

212 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/08/17(月) 20:42:56 ID:LX3svn7S0

同業者の話。

道路工事をしていた時のこと。
土場として借りていた空き地のすぐ横に、小さなゲートボール場があった。



休日には老人たちで賑わうらしいが、平日は誰もおらず静かなものだった。

そんなある日の夕暮れ、土場にいると隣からボールを打つ音が聞こえてくる。
目をやったが、競技場には誰の姿も見えない。
ただ仕舞い忘れたボールが一つだけ、コロコロと転がっていた。

作業に戻ろうとすると、再びカンッと叩く音がして、ボールが独りでに転がった。
出来るだけそちらを見ないようにして、土場を後にしたそうだ。

後日、そこの老人会でその話をしてみた。
「知ってるよ。ワザとね、球を一つだけ出しっ放しにしてるんだ」
にこやかにそう言われた。

あそこで楽しんでいるのは、老人だけじゃないのかもしれない。
そんなことを考えたという。


ワン・ドリーム  ~みんなでひとつの悪い夢~ (角川ホラー文庫)
中井 拓志
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-07-24)
売り上げランキング: 186854

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

ルール上ボール一つじゃプレイ不可能
ゲートも片づけるし

2010年01月11日月 URL #- /編集

ただボール遊びしたいだけなんじゃね?

2010年01月11日月 URL #- /編集

母の実家近くにあった公園はゲートだしっぱなしだったよ
一度、公園で走り回ってゲートに躓いた事があったがビクともしなかった(固定してあるのだと思われる)

ゲートは無事だったが、俺は膝をすりむいた

2010年01月13日水 URL #- /編集

ワロタw
捻挫とかまでいかなくて良かったな

2010年03月22日月 URL #rgFH9dIE /編集

ええ話や

2012年03月27日火 URL #- /編集

お年寄りは異界との交流をしているのだな
昔はそういうのあったんだよ
陰善すえたり、ちょつと残したり…

若いモンも見習え

2012年03月29日木 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。