日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖いというよりちょっと切なくなった話なんだけど。

474 :本当にあった怖い名無し :2009/08/15(土) 16:25:00 ID:2PsgD6A20

怖いというよりちょっと切なくなった話なんだけど。

8年前に実父が亡くなった時の話。
お葬式も終わり、初七日も過ぎて、
海外から帰ってきていた実姉一家も帰国して1週間くらい経った日。
離れて暮らしているので、一人になった母が心配になって、実家に帰った。


母が父に買ってもらったオルゴールを指差しながら、
「昨日ね。これを見ていたら急に鳴り出したの」って言った。
「へえー、じゃお父さん心配でまだここにいるんだね」
そのオルゴールは結構大きくて、ジュエリーボックスも兼ねているものだから、
母が手に持って眺めたりしていたんじゃないのはわかった。

「お父さん、まだここにいるのかな」
母がそうつぶやいた時。
応接間からいきなり何かの音楽が聞こえてきた。
私と母は驚いて、応接間に急行。
音源は、小さなラジカセ(CDも聴ける奴)。
しばらく使っていないもので、母が作ったのか縮緬のカバーがかかってた。
私がカバーを急いで外して、コードも繋いでないのに鳴り続ける
ラジカセの後ろ電池を取り外したらやっと止まった。
カセットは入ってた。
でも、再生ボタンとかは押されてはいなかった。

その時は母と、「やっぱりお父さんいるよ」って話して。
でも後からよくよく考えると、自分的にはちょっと怖い場面でした。
音量も最大まで上がっていたし。
すぐにボリュームを下げたのを覚えてる。

あんまり怖くないかな。ごめん。
ちなみに、そのラジカセは私が貰い受けて、現役で使ってます。
それ以降は超常現象はありません。


死相鳥とキッチンガーデン (光文社文庫)
岩井 志麻子
光文社 (2010-08-10)
売り上げランキング: 439398


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

俺もその経験あったわー。
祖母の葬式の夜に従兄と寝てたら、部屋に置いてあったラジカセが鳴り出したし。
コンセントささってなかったからマジでビビった。
でもあんま親しく会ってなかった祖母だったが、ばあちゃん会いに来たのかって思った。

2012年04月30日月 URL よくある名無しさん #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。