日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこにある影

366 名前: そこにある影 投稿日: 2007/06/12(火) 21:28:51 ID:HaQBPIFU0

とりあえず身近にあった怖い話を投下します

私が中学生の時でした。
部活が長引き、帰りが遅くなってしまった時のことでした
私の家と中学の間には古くからある病院があるのですが
普段は別の道で帰っていたのですが、その日は丁度友達の家に寄った帰りでしたので
病院の前を通らないといけませんでした。

北海道の田舎なので街灯も少なく、車の通りも多くはありません。
病院の緊急搬入口の非常灯が一番の光源でした。

嫌な気持ちになりながらも自転車で近くを通った時のことでした

明らかに自分の自転車の後ろに重みが感じられたのです。
ひと1人分の重さが私の自転車の後ろにかかりました
私は恐怖に震えましたが後ろを振り返る事ができません。

チラっと目を動かして見てもそこには誰も乗っていませんでした
重くなったペダルを必死にこぎながら家に近くに唯一あるコンビニの前までいきました
コンビニの店内から道路に漏れ出す光を求めて必死でこぎました

そしてやっとのことでコンビニの前まで到着したのですが
そこで気付いてしまったのです

後ろに誰も乗っていないはずなのに、コンビニから溢れる光が照らす
自転車に乗った私の影の後ろにもう1人の影があることを。

その後は必死になって家まで自転車をこぎ、興奮しながら家族に話を聞かせました。
決してイワク付の病院などではなかったので逆に怖かったです
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

家に連れてキチャッタ

2007年09月29日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。