日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの二人目の子供のことは我が家最大のタブー

197 :本当にあった怖い名無し:2009/12/21(月) 18:30:27 ID:C+/KuaUh0

幼稚園の頃の話。
近所の仲が良かった友達にはまだ赤ん坊の弟がいた。
友達の両親はいつも弟につきっきり、弟ばかり可愛がっていて
自分のことは全く見てくれない、とよく俺に愚痴っていた。
泣いていたこともあったし家出?して俺ん家によく泊まっていた。
そんな友達の様子を見て一人っ子でよかったなと思っていた。
しかし、母親が二人目の子を妊娠した。俺は絶望した。



こいつが産まれたら俺も友達と同じ苦痛を味わうことになるのか。
優しかった母親が豹変して俺に冷たくなるのか。と色々嫌な想像をした
日に日に大きくなっていく母親の腹を見て怖くて仕方なかった。
母親はそんな俺の気持ちも知らず、俺に弟か妹ができて嬉しいだろうと
勝手に思い込んでいたらしい。母親に、話かけてみてごらんと言われて
俺は「産まれてくるな!頼むから産まれる前に死ね氏ね死ねしねsアqwセdrftgyフジコlp;@:」
と発狂したように叫びまくった。それから俺は母親の腹を蹴ったり
足をひっかけて転ばしたり、冷水をかけて冷やしたり、思いつく限りの
妊婦の身体に悪いと言われることをしまくった。とにかく流産してほしかった。

自分の小遣いは全部神社のお賽銭にして、神様に弟か妹が流産しますようにと毎日祈った。
ある日母親は入院して、お腹が元に戻って退院してきた。そこに赤ん坊はいなかった。
母親はとても悲しそうな顔をしていたが、特に俺のことは怒ったりしなかった。
しばらくして何事もなかったかのように母親の態度は普通になった。
あの二人目の子供のことは我が家最大のタブーというか絶対話題にしてはいけない話と
なっている。両親も親戚もこの出来事は全くなかったことにしているらしい。

今となっては俺が色々やらかしたショックで流産したのか、俺のおかしい様子を見かねて
母が中絶の選択をしたのか何なのかよくわからないが、とても怖くて聞けない。
それ以来、普通に親と仲が良く特に問題なく平凡に暮らしているがあの日のことは謝ろうにも謝れない。
話題に出すことそのものが母の神経を逆撫でするみたいだから。
俺は社会人で所帯持ちでもおかしくない年齢になってるが一生独身でいるつもりだ。
俺のような人間は、きっと相手が妊娠したら同じことやらかすだろうし、家庭を持つのは絶対無理だから。


ミミズからの伝言 (角川ホラー文庫)
田中 啓文
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-09-25)
売り上げランキング: 376138


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

はいはい

2010年01月14日木 URL 呪 #- /編集

幼稚園児の身長•体重で、親の足引っ掛けて転ばしたり、水かけたり出来るわけなかろう。

2010年01月16日土 URL #- /編集

米2
ヤバい。どう考えても出来る。
なんで出来ないのかもう一回考えたほうがいい。
出来ないと断言するのは頭がヤバ過ぎる。

2010年01月18日月 URL #- /編集

幼稚園児に流産の知識があるのがリアリティに欠ける。せめて小学生にしろ。

2010年01月21日木 URL #- /編集

今のガキって、その辺に情報が転がっているもんだから、
情報への触れ方次第じゃ、変な事を良く知っていたりするもんだよ。

2010年04月02日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。