日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所に住む1学年下の女の子と、たまたま病院で(風邪で)一緒になった。

86 :本当にあった怖い名無し :2009/08/29(土) 16:24:23 ID:86Su3s/80

小学生のころ、近所に住む1学年下の女の子と、たまたま病院で(風邪で)一緒になった。

私もその子も母と一緒だったので、普通に待合室で世間話をしていた。

その何日か後、その女の子の妹をお爺さんが車で小学校に送って行った。
その日は小学校の先生の転任式?だったが、妹は先生に渡すために用意した
花束を車の中に忘れたことを思い出し、ドアを開けようとした。
しかしすでに動き出していた車に洋服がひっかかり、
妹はお爺さんの運転する車に轢かれて死んでしまった。

また数年後、今度はその子のお父さんが、
運動会での保護者リレーの最中に心臓発作を起こして死亡。

お婆さんも交通事故で死亡。

お爺さんも精神的に病んでしまい死亡。

その一家はお母さんとその女の子だけになってしまった。

話によると、不幸が始まったのはお爺さんが家の庭にいた
結構大きな蛇を打ち殺してしまってかららしい。
たった数年のうちに、一家がほとんど絶えてしまうなんて、
やっぱり祟りとかあるのかなーという話でした。

94 :本当にあった怖い名無し :2009/08/29(土) 23:55:38 ID:k99IE8F9O

>>86
蛇で思い出した。

従兄が小学生の頃蛇を半殺しにして捨てた。一緒にいたから、
こいつ蛇にたたられるかも?と思ったけどその時は別に何もなかった。

でもそいつが大人になってから、悪妻の浮気で離婚、母親が癌で手術、
父親が肝硬変で死亡、数年後改築したばかりの家全焼。

しかも消防が家の真下にあったのに、たまたまあった消防の会で誰もいなくて、
わざわざ遠くから駆け付けて間に合わなかった。
これって蛇の祟りかな?


Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
清原 紘
角川書店(角川グループパブリッシング)

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

家の下に消防……? 地下にあるのか?

2010年03月30日火 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。