日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身内に不幸がある前にだけ現われる人が居る。

112 :本当にあった怖い名無し:2010/01/14(木) 19:14:28 ID:dYDttyAKO

投下

俺だけに見える子供の頃から身内に不幸がある前にだけ現われる人が居る。
何十年も前から同じ姿なんで人では無いのだが便宜上ここでは人と表記する。


祖母の死ぬ前や祖父の死ぬ前や、
その時まるで交流の無かった叔父の死の前にも見たし、
従兄弟の嫁など血の繋がりの有無関係無く一族の不幸の時に現われた。

何をするわけでも無くそこに居るだけで、見た目もただの人。
ただ普通じゃないと認識できる箇所があるとすれば、
何時いかなる時も同じ恰好で同じ容姿。
さらに私にしか見えて無い(らしい)ことだけ。

性別は不明。
男にも見えるし女ともとれる。
ただただ無表情で、視界に入るギリギリの位置に突っ立ってるだけ。
家の中では見た事が無く外でしか見た事が無い。
大概ぼーっとしてると視界にいつの間にかはいってると言うだけの存在。

ただその人が見えると決まって身内に不幸があった。

113 :本当にあった怖い名無し:2010/01/14(木) 19:15:21 ID:dYDttyAKO

久しく身内に不幸が無く存在自体忘れかけてたんだが、去年の春に久々に現われた。

仕事さぼってコンビニの前でタバコ吸ってたんだが、
道路挟んで反対側の家の前にまたもや無表情で立ってた。

ああ、誰か死ぬんだなってぼんやり思ってるうちにその人は居なくなってた。

で、それから3日くらいしたある日の深夜、
近所のコンビニまで買い物に行く時にまたその人が現われた。
今まで不幸がある前に何回も連続で現われた事無かったんで面食らってギョッとしたんだよね。

その人に気を取られてたら危うく車に跳ねられそうになった。
危機一髪とはこの事でそれこそ自転車の前輪と車との間隔が数センチってレベル。

俺も悪いんだが一時停止もせずに突っ込んで来た事文句言おうと、
数メートル先で止まってる車まで行って運転席側のドア越しに中を見てギョッとした。


114 :本当にあった怖い名無し:2010/01/14(木) 19:16:41 ID:dYDttyAKO

運転席に居たのは今まで無表情だったのが憎々しげな表情に変わった例の人で、
「チッ」って舌打ちしたと思ったら、去って行ってしまった。

その時までは、どちらかと言うと味方だと思ってたんだが、
どうやら身内に不幸を呼んでた張本人がコイツなんだとあの表情見て妙に納得した。

その時以来ソイツは見て無いし、身内で誰も死んでない。
もちろん俺も死んでない。
仕留め損なった俺をいつか殺しに来るんじゃないかと今も心配でならない。


熱帯夜 (角川ホラー文庫)
曽根 圭介
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-10-23)
売り上げランキング: 222460


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

その人でないものがどうやって車を入手したのかがとても気になる

2010年01月15日金 URL #- /編集

「人でないもの」が「車でないもの」に乗ってたんじゃね?

2010年01月15日金 URL #- /編集

久々になかなか面白い話だなと思えたのは僕だけ?

2010年01月15日金 URL #- /編集

成る程セルティの親戚だったのか

2010年01月16日土 URL #- /編集

というか運転手が俗にいう憑依されてたんだろw
「車でないもの」に轢かれて死んだら、なぜか轢いた痕跡のない道路に血まみれの死体が残ってしまうw

2010年01月16日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。