日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 20:50:02.56 ID:Hzs8Qfff0

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさんとしますね)のお話。
Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆
とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので1番に教室にかけ込んで行った。



クラスの子全員で遊んでいたので、当然自分が1番だと思って教室の扉を開くと、
全員が着席をしていて、担任の先生が(すでに授業が始まってる様子だった)
心配そうに「Aさん、何処いってたの?皆心配してさがしたんだよ?」と言う。

Aさんはワケが分からずに、「え、でもチャイムが鳴ったので校庭から教室に戻りました・・」
と答えたけど、実はその時Aさんは1日行方不明の状態で、
この日も家に帰ってこなければ捜索願をだそうとしていたそうです。

結局原因は謎のまま、時は過ぎてAさんが大きくなって看護婦さんになってから、
夜勤が終わって、1人で車を運転して家に帰ろうとしていたとき、
真夜中で周りにあまり車が走っていない、いつも通るトンネルを通りぬけたら途端に、
目の前に海が広がっていて、海沿いの道路に出ていた。

Aさんは神戸在住で、山方面に向かって走っているのに、突然の海に驚き、
場所を聞こうと近くのコンビニに入って確認したところ、そこは日本海沿いの町だった。
仕方なくコンビニで地図を買って、半泣きで一晩かけて自宅まで戻ったそうです。

ちなみに、Aさんは地図を買ったコンビニのレシートを取ってあって、
どう考えても仕事が終わってからレシートにあるコンビニまで、
レシートに記載された時間には行けるはずがなかったそうです。

それから、Aさんは仕事を辞めて、オーストラリアに留学したそうです。

私の後輩はずっとAさんと手紙のやり取りをしていたそうで、
それがある日突然連絡が取れなくなってしまって、
心配した後輩がAさんの彼氏に連絡を取ったところ、彼氏にも音信不通に
なってしまったので実家に問い合わせてみたら、
オーストラリアで行方不明になってしまったそうだとのことでした。

Aさんの家族は、オーストラリアの警察も行方不明だけじゃ捜査できない
と取り合ってくれず、直接現地に赴いて周辺を調べて見たけれど、
元々積極的で明るいAさんは、周囲の人にも好かれていて、計画的な事件に
巻き込まれる可能性は考えられないとのこと。

残るは突発的事件に巻き込まれた可能性だけだけど、住んでいた部屋の様子
を見ても、「ふと」いなくなったようなカンジで、強盗とか出先で・・
とか言ったカンジではなかったそうです。
結局Aさんは今も帰ってきてないそうなんですが、その彼氏も私の後輩も、
元々がそんな過去を持ってる子なので、いつか「ふと」帰ってきそうな気がするそうです・・。
私、これ会社で聞いたとき鳥肌立ちました・・


お初の繭
お初の繭
posted with amazlet at 12.02.07
一路 晃司
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 234480


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

彼氏冷たい(゜ーÅ)ホロリ
もっと心配しろよWWW

2010年01月16日土 URL #- /編集

確かにwww
彼氏の適当ところに
鳥肌www

2010年01月16日土 URL 僕本直俊 #- /編集

Aさんなら幻界で召喚士になる為に修行してるよ

2010年01月16日土 URL #- /編集

成る程チェンジリングか。まあチェンジリングなりら子供しかならないみたいだけど。しかしまあ彼氏冷たすぎw

2010年01月17日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。