日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしあと

28 :( ´∀`)ノ7777さん:2007/06/23(土) 19:17:42 ID:AyAhuWfF

高校の頃の話だが…

ある冬の深夜、飼い犬が今までに聞いたことのないような泣き声をあげていた。
なにかと思って犬小屋までいくと、暗い空間に向かって吠えている。
俺がいくとすり寄ってきてあいかわらずその方向に吠えている。
ほどなく、ジャリッジャリッと凍った雪を踏む足音が聞こえてきた。
足音はこちらに向かってくる。どんどん近づいてくる。
俺は身動きもてきずに生唾を飲み込んだ。
雪を踏む足音が目の前を通り過ぎた。もちろん何もいない。
足音だけが庭を横切り、玄関を横切り、やがて雪の積
もっているフェンス近くまでいくとザクッザクッとい
う音に変わった。

俺はしばらく呆然とした後、我にかえると急に恐くなって部屋に戻り、
布団をかぶってブルブル震えていた。

翌朝…


29 :( ´∀`)ノ7777さん:2007/06/23(土) 19:30:03 ID:AyAhuWfF

昨日の出来事が夢ではない証拠に、玄関からフェンスに向かって足跡が続いていた。
フェンスの先は畑で雪が積もっていたが、驚いたのは、フェンスを乗り越え
た先の足跡がまるで安定していたことだった。
高いフェンスをよじ登って下に降りれば着地した跡が残るはず。
まるでフェンスをすり抜けたように、同じ歩調で乱れることなく足跡は続いていた。
その足跡は人間の靴跡ではなかった。犬や猫とも違った。
今までみたことのない奇妙な足跡が森の方向まで続いていた。
足跡を追ってみる気にはなれなかった。その先、どこに向かったのか知りたくもなかった。

ネタではなく実話です。
その後、不思議なことは起こらなかったし、
身内に不幸もありませんでした。

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

うーん、霊的なものとも受けとれるし
UFO的な超存在とも、とれる
不思議な話ですね・・・

2007年07月16日月 URL 万有引力 #uEXqy11M /編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007年07月25日水 # /編集

俺の実家にもあった!
雪が積もった朝に人間でも犬猫でもない足跡があった。
やっぱり柵を越えても歩幅が狂わず…そして飼ってた兎がいなくなってた。

2007年10月06日土 URL #- /編集

お地蔵様ではないのかw

2007年11月23日金 URL #- /編集

不思議でなぜか妙に美しい感じがする。場所はどのあたりの話?人間でも犬猫でもない足跡ってどんな感じなんだろう。おーいもうちっと詳しく聞きたいぜ。

2008年01月13日日 URL #- /編集

19世紀の英国でも似たような話(「悪魔の足跡事件」)があったそうだけど、じかにその足跡をつけるモノに遭遇した体験談は初めて聞いた。

2008年01月19日土 URL #LkZag.iM /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。