日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が聞いて洒落にならないくらい怖かった話をひとつ。

274 :1/2:2010/01/18(月) 00:32:38 ID:Lj+hg9Vd0

自分が聞いて洒落にならないくらい怖かった話をひとつ。

自分の友人は幽霊が見える。25歳になった今はもう見えないらしいのだが、
20歳くらいまではバキバキに見えたらしい。
幽霊って、自分が見える人間を感知?できて、見てくれ見てくれってつきまとうらしいね。
それがウザいって言ってたよ。



自分の部屋にいる時(2階に部屋がある)、窓を開けて外を見たら
建物の角の壁に沿って、顔と手だけ出してこっち見ていたりするらしい。
それが、明らかに人間では立てない高さから覗いていたそうだ。
(いつもの事だったので、窓をピシャっと閉めて終わりだったらしいけどw)
なぜ、幽霊だってわかるの?と訊いたら、明らかに生きている人間ではないと一目で分かる、と言っていた。
何だか幽霊だけトーン?色?が違うんだって。

ある時、自分が(自分は幽霊が見えない)
『ホントにやばい幽霊って、泣いている幽霊でもない、怒っている幽霊でもない、笑っている幽霊なんだって。
もし笑っている幽霊を見たら、可能な限り逃げた方がいいらしいよ』と、誰かから聞いた事のある話を友人にした。
そしたら、「そういや私、見たことあるや」って。

「どんな幽霊だったの?」って訊いたら、(ここからその友人の話です)

275 :2/2:2010/01/18(月) 00:35:24 ID:Lj+hg9Vd0

友人の家は、地元で有名なレストランの斜め向かいにある。
ある日、犬の散歩をしようと家から出たら、犬がある方向に向かって凄く吠え始めた。
「何かな?」と思ってその方向を見たら、電柱の陰から男性の幽霊が見ている。
その幽霊は戦争時代の人らしく、あちこちから血を流している、包帯だらけの人だった。
「また見たか」と、友人はいつもの事だと対して驚かず、散歩に出ようとしたら
斜め向かいのレストランから若い女の子2人が『おいしかったね~♪』とか言いながら出てきたんだって。

女の子が目の前に停めてある車に行き、運転席と後ろの席を開けてゴソゴソと荷物を積んでいる時、
幽霊がその2人を見て、ニヤ~ッと笑い、ヒュンッ!!!とすばしっこい動作で
その開けてあった後部席に乗り込んだそうだ。
そして、女の子たちは気付かないまま、バタンとドアを閉めて行ってしまったそうだ。
幽霊を乗せたまま。

その幽霊がニヤ~ッと笑った時、口が赤く耳まで裂けていて、
幽霊に馴れている彼女もさすがにゾッとしたと言っていた。
その後、その女の子達はどうなったかは知らない。
友人に言わせると、幽霊を乗せた車やバスなどはけっこう走っており、そんなに珍しい事ではないそう。
幽霊を乗せたら事故る、何てお約束も必ずはないそうだし。

この話を聞いた自分も『ギャーッ』って感じで相当怖かった。
知らないだけで(見えないだけで)バンバン乗せているかも・・・と。

怖いながらも気になったのは、幽霊も開いているドアから入るんだ、という事w
スーッと通り抜けしそうだけどね。
しかし、電柱の陰から社内にヒュンッと入り込む姿は、まるでディズニー映画のような動作だったと言っていた。
(後ろからつむじ風が舞ってそうなくらいw)
すんごいすばしっこくて、それも恐ろしかったと言っていた。


サタスペ ホラー・リプレイ 叫びの家 (Role & Roll Books)
池田 朝佳 冒険企画局
新紀元社
売り上げランキング: 370315

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

バキバキ!!!

2010年01月21日木 URL #- /編集

もしかしてリアルディズニーの映画を撮影してたんじゃないか?

2010年03月30日火 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。