日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある南国の県に住み込みのアルバイトしていた時の事。

717 :本当にあった怖い名無し :2009/10/07(水) 23:51:52 ID:5pagSsZ30

とある南国の県に住み込みのアルバイトしていた時の事。

済んでいた家主さんが無類の温泉好きだったが、この町には温泉がない。
北、南、東の隣町に、ローテーションで毎日通っていた。



一番遠いのは南側。信号は殆どないが、車で普通一時間かかる。
しかしこの家主さん、車を飛ばしまくるので45分。
もう怖いですからゆっくり行きましょう、と仲間はみんなで慌ててた。

ある日、今日は南の日じゃ、とみんなを乗せて車で温泉へ。
ところが目的地に着いたら、家主さんが呆然としていた。

「今日・・・12分しかかかってない・・・」

それはあり得ない話だった。
目的地までは50㌔近く離れているのに、12分・・・?
でも、みんな時計を見たら12分しかかかってない。

途中まではいつも通り。飛ばし気味の45分ペースだった。
しかしみんな、途中にある神社や看板などの目印を見た記憶がない。

・・・そういや最近、近くで大きな事故があったっけ・・・。
家主さん、そう言ったきり、ここを通るのを止めた
訳ではなく、暫くしてまた通るようになった。

でも、いつもやっぱり45分。不思議すぎる体験でした。


新訳 亡念のザムド〈上〉
宮地 昌幸 BONES
ソニーマガジンズ
売り上げランキング: 43404


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

温水にみえた

2010年01月20日水 URL #Vak9OJZs /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。