日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親戚みんなから気味悪がられてる孤独な人(以下Aさん)がいて、

159 :本当にあった怖い名無し:2010/01/19(火) 19:12:39 ID:8AcX3okS0

親戚みんなから気味悪がられてる孤独な人(以下Aさん)がいて、
俺は中学生の時分、そのAさんが好きで、よくAさんの家に遊びにいってた。
(正直今も結構好き)
そんなAさんがある日話してくれた、Aさんが子供のときの話。



田舎の学校って、教材費とか、設備費のために、イナゴの佃煮を売るんだけど。
そのイナゴを生徒に集めさせるんだよ。
それで、Aさんは鈍い子だったから、期限ギリギリまで集めても、ノルマを達成できなかった。
学校はもういいって許してくれたんだけれど、Aさんの親父がそれを聞いて
「学校にもうしわけない。だから集めて来い」と、Aさんを外に放り出した。
ひどい話で、Aさんは、もう、涙ぼろぼろ流しながら、暗い田んぼでイナゴを集めていたらしい。
そしたら、遠くのほうに明かりが、ぼうっとついた。
しかし、明かりのついたあたりは田んぼばかりで、さらに先の方は森になっていて、人は住んでいない。
それで不思議に思って、その明かりの方向を見てみると、何かが燃えてるわけだ。
結構大きな火で、最初は誰かが焚き火をしているものだ、と思っていたんだけれど。
その火の色が少し変だった。赤になったり緑になったりするんだ。
おかしいなあ、とは思ったらしいが、怖くはなかったそうだ。
むしろ綺麗に思ったらしく、ずっと見ていた。

160 :本当にあった怖い名無し:2010/01/19(火) 19:13:29 ID:8AcX3okS0

それでずっと見ていると、いきなり後ろがまぶしくなった。
Aさんの母がAさんを探して、やってきたんだ。
Aさんの母は怖い顔をして
「いつまで、集めてるんだ!」とAさんに怒鳴った。
「だって」と火の方を指差しても、Aさんの母はただの焚き火だという。
Aさんが家に戻ったときは午後九時を過ぎていた。
家を追い出されたのは午後七時で、火を見つけたのはすぐだと言うから、もう三時間もたっていたわけだ。
次の朝、その場所で人だかりが起きていた。
警察もいて、まあ、この手の話を聞いたことがあるならだいたい予測がつくだろうけど、
燃えていたのは人だったんだな。

その話を聞いて「気味悪いね」って俺が言ったら
Aさんは
「でも綺麗だったんだよ」って


怪談実話系5 (書き下ろし怪談文芸競作集)
伊藤三巳華、岩井志麻子、宇佐美まこと、勝山海百合、神狛しず、加門七海、宍戸レイ、立原透耶、長島槇子、三輪チサ/著 『幽』編集部/編
メディアファクトリー
売り上げランキング: 282903


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

>>この手の話を聞いたことがあるならだいたい予測がつくだろうけど、

予想外だったわ

2010年01月20日水 URL #- /編集

話のオチより気味悪がられてる理由の方が気になる

2010年01月20日水 URL 名無し #- /編集

綺麗だったなら仕方ない

2010年01月20日水 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。