日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の友達で小さな霊障によく悩まされていた奴の話なんだが、

122 :本当にあった怖い名無し:2010/01/22(金) 02:18:38 ID:P78o45+G0

流れをぶった切ってみる。

俺の友達で小さな霊障によく悩まされていた奴の話なんだが、



奴は就職して半年もたたないうちに学生の頃から同棲していた彼女と別れた。
そこで急遽、新人で仕事が忙しいなか一人暮らしの為の部屋を探し、適当に通勤に
便利な安い物件に落ち着いた。
新築だがワンルームでかなり狭かったらしいが、忙しいので眠るだけだからよしとした。

まず一ヶ月目に色々な電化製品が壊れだした。DVDプレイヤーとか炊飯器とかね。
嫌な予感を感じながらも、同棲部屋から持ちこんだ物だったから運搬のせいと思ったらしい。
次に恒例の金縛り。
けど、これは奴にとってはよくあることだったので気にしなかったとのこと。

仕事にも慣れて会社仲間ともつるんで飲むようになった金曜日、休日前夜ということもあり、
近くのJR終電からタクシーで帰宅(当時の家は私鉄沿線)し、3時くらいに就寝した日のこと。
奴が眠っているとインターフォンが鳴った。
子機を取るとかすかに誰か女の人が話してる声が聞こえるので、奴は返事をしたがまだ声が小さい。
誰?と聞くと、別れた女(元同棲相手)の名前を言ってるらしいが、まだ小さく聞き取りにくい。
時間をかけて応対していると、部屋に入れてとか鍵を失くしたとか言ってる。
奴はその時何故か、別れたのにとか、鍵なんて渡してないとか、家を教えていないとか思わなかったらしい。
ただ酒で気持ち悪くなって酷く疲れていたので、そのままの理由を言ってインターフォンを切った。
ドアが2~3度叩かれたが静かになった。

翌日、奴は絶対おかしいと思って元カノに電話したが、奴の家を訪ねたこともなければ場所も知らないと
あっさり答えられて終わった。
その時、奴が部屋を開けたら何が起こっていたんだろう?


ダークゾーン
ダークゾーン
posted with amazlet at 12.02.07
貴志祐介
祥伝社
売り上げランキング: 88845

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

子供ができた

2010年01月23日土 URL その場でチョンをぶっ殺したかった #- /編集

生き霊ってやつかね。

2010年01月23日土 URL   #- /編集

強盗か何かだったのでは?
あるいは、勘違いして家を間違えてるか。

霊よりは説得力あるぞ

2010年01月23日土 URL #- /編集

そんなことがあったという口実で元カノに連絡したんだよ。
霊よりは説得力あるぞ

2010年01月23日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。