日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故で病院に運ばれて目を覚ましたら半年前になってたことがある

60 :名無しさん@ビンキー:2010/01/20(水) 00:32:01 O

事故で病院に運ばれて目を覚ましたら半年前になってたことがある
しかも退院して半年してまた事故にあって…っていうのをたぶん5、6回繰り返した



家から出なきゃいいじゃんって思うだろ?
退院して少しすると忘れて事故にあった瞬間に思い出すんだよ

当たり前だけど誰も信じてくれない

自分だけおかしな世界に飛ばされたのか?
とか幽霊は同じ行動を繰り返すっていうのを自分に当てはめたりして
考えて神経すり減って自殺未遂した

自殺未遂でまた病院に運ばれてまたまた半年前になってた
もういい

でも自分と同じ体験してる人が絶対にいる気がする


バチカン奇跡調査官   闇の黄金   (角川ホラー文庫)
藤木 稟
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-02-25)
売り上げランキング: 22854

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

事故で日付認識できなくなっただけじゃね?

2010年01月25日月 URL #- /編集

前にハルヒを見ていたとき・・・

2010年01月25日月 URL #- /編集


一儲けして金持ちな
半年を繰り返せば
いいんじゃねって思う

2010年01月25日月 URL #- /編集

ドラクエでそんな町があったな…

2010年01月25日月 URL #- /編集

事故った瞬間に思い出すなら、なぜ書き込みが出来るんだ?

2010年01月25日月 URL #- /編集

単にPTSDじゃね?

2010年01月25日月 URL #- /編集

忘れるんなら、入院してるときにメモっとけよ
3回目ぐらいの時に

2010年01月26日火 URL #- /編集

昔、やってたドラマ、たしか『木曜の怪談』だっけ…?それでよく似た話を見た気がする。これは事故に遭うその日を繰り返すというもので(事故にあった後で目覚めたら、その日の朝だった…!みたいな感じ)、本作の主人公は何度目かで事故をギリギリで回避し、ようやく「明日」を迎えることができた…という内容だったかな。

2010年01月26日火 URL わか #- /編集

ふつうにしんじゃえばおわったのにね

2010年01月27日水 URL aaa #- /編集

「あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!
な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」

2010年02月26日金 URL #- /編集

今の携帯とか、スケジュールアラーム機能もあるしな。

2010年04月02日金 URL #- /編集


めっちゃ恐いね

2010年05月09日日 URL ゆー #- /編集

※8
そのエピソードは主人公(男)の仲間の女の子が主役
夜に目の前で主人公が車に轢かれる→その日の朝に戻る、を繰り返す話

最後は何度目かのループでまた主人公が轢かれそうになったとき
今までのループの中でしていなかった行動、「愛の告白」を実行したらなんとか事故を回避でき
正常な時間流に戻れた、という結末w

ただ恋愛描写はその話だけで、以後の話にその手の描写は全くなかったな

2010年06月28日月 URL #- /編集

何度金使っても大丈夫じゃないか

2011年05月29日日 URL #- /編集

木曜の怪談より、『君といた未来のために』の方だろう。
堂本剛と遠藤久美子
ええドラマやったー
再放送希望www

2012年03月16日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。