日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日学校から帰る途中にあった出来事です。

713 :本当にあった怖い名無し:2010/01/27(水) 12:11:56 ID:hm/A1+zh0

今から20年ほど前の高校1年の頃、ある日学校から帰る途中にあった出来事です。
当時僕には同級生の彼女がいました。
いつもは彼女と一緒に電車で帰るんですが、その日は彼女が風邪で学校を休んでいて
僕はひとりで電車に乗っていました。僕がドアの近くに立っていると、そばに小学3年ぐらいの
女の子1人と男の子3人がいました。その女の子が僕の彼女に瓜二つだったんです。

彼女は全体的に体の色素が薄い感じで、色白で髪も少し茶色、瞳も深緑だったんですが
その女の子はそこも同じで、まるで彼女をそのまま数年若返らせたような感じでした。
彼女には妹もいてないので、ひょっとしたら親戚かなとも思いました。
その女の子は男の子たちに軽くいじめられてるというかイジられてる感じで
何も言い返さずにじっと耐えてる姿が、また彼女の雰囲気にすごく似ていました。
僕は不思議な気持ちでずっとその子に見とれていました。
それを不審に思ったのか、その子もちらちらとこちらを気にしてるようでした。
僕は地元の駅に着いたので、仕方なく電車を降りました。
その子たちはそのまま降りずに行ってしまいました。
もちろんどこで降りたかわかりませんが、彼女の家と同じ方向でした。

つづきます


714 :本当にあった怖い名無し:2010/01/27(水) 12:13:26 ID:hm/A1+zh0

数日後、元気になった彼女が学校に来たので、そのことを話しました。
そんな年頃の親戚はいないということでした。
やっぱり他人の空似なんだなと思っていると、彼女があっと言いました。
そういえば昔、電車で同級生の男の子3人に何かイヤなことを言われたことがあったと。
そしてその時近くに学生服のお兄さんが立っていて、じっとこっちを見つめていたので
男の子たちをやっつけてくれないかなぁと期待していたと。
お兄さんの顔は覚えてないけど、何回か目が合ったことと
片手に白い筒のようなものを持っていたのを覚えていると言うのです。
彼女に似た女の子に会った日、僕はたまたま画用紙を丸めて手に持っていました。
カバンに入らなかったので、手で持っていたんです。
僕も彼女もわけがわからなくて、偶然にしては出来すぎてるねと話をしていました。
ひょっとしたらもう一度出会う運命だったのかもねなんて言ってました。

その彼女は今では僕の嫁です。子供は今、小学3年です。女の子です。
僕にはまったく似ずに色素の薄さまで嫁にそっくりです。
あのとき会った女の子にもそっくりです。

おわります


戦争大臣 II 天鵞絨の死 (角川ホラー文庫)
遠藤 徹
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-03-25)
売り上げランキング: 356187


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

人の眼の色って深緑になったけ?それはともかく映画に似たようなのなかったっけ?

2010年01月30日土 URL #- /編集

運命かぁ…
いい響きだなぁ

2010年01月30日土 URL #- /編集

たぶん通勤途中で考えたネタだなw

2010年01月30日土 URL pandaマン #- /編集

素敵だ!

2010年01月31日日 URL #- /編集

そこまで良い話なら、せめて過去彼女助けようよwwwwwwww

2010年02月01日月 URL #- /編集

グリーンアイって題名の漫画があったな
人は死ぬと他人や動物に乗り移って最愛の人に会いに行くんだけど最愛の人から乗り移ってる人や動物を見ると緑の目をしていてそれに気づくと成仏してしまうって感じの話

2010年02月01日月 URL #- /編集

小さい女の子にみとれるって……

2010年03月29日月 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。