日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小5の頃、両親が法事で一晩だけ家を空けることになった。

347 :本当にあった怖い名無し:2010/02/04(木) 19:27:07 ID:by/kt61D0

小5の頃、両親が法事で一晩だけ家を空けることになった。
子供一人だけで留守番させることを心配した両親には、
一緒に来るよう言われたが、法事とか大嫌いだったので必死で固辞した。
結局自分の意思を押し通して、一人で留守番することになり、
両親は戸締りと火の始末だけは絶対に気を付けろと言い残して出かけていった。



普段口うるさい両親がいないという開放感から、その日は遅くまで遊び歩いて、
自宅のあるマンションに帰りついた頃にはすっかり日が落ちていた。
玄関の鍵を開け、鞄を自分の部屋に置きにいこうとした所で、
両親の「戸締りを忘れるな」という言葉を思い出し、先に扉の鍵を閉めた。

改めて鞄を置きにいこうと、鞄を持ち上げた瞬間、背後で「ガチャガチャガチャガチャ」と激しい音がした。
振り返ると、ドアノブが凄い勢いで回され、何者かが扉を開けようとガタガタ揺らしていた。
「えええええええええ?」と訳も分からず凍り付いて見ていると、
10秒ほどでドアノブは動かなくなり、「チッ」という男の舌打ちの後、カツーン、カツーンと足音が遠ざかっていった。
自分はしばらくの間何が起こったのか理解できず、玄関で立ちつくしていた。
玄関の小さな明かりしか点けていなかったので、居間のほうから迫ってくるような闇がもの凄く怖かった。


クトゥルフ神話アンソロジー「狂宴」-ドラッグフェニールの絵画・2-
桜井 光 ビクター 高嶋 PONZZ 千代はふ けも乃 茶葉 ささがに ARG 旅雨 陸惡鬼 水無月 一日 GR 覇野 道夫 虚多 右近 平井 太郎 久地 加夜子
密林社

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

えっ?ええっ?えええっ!?何?変質者?
鍵してなかったら、と考えると、コワいですね

2010年02月06日土 URL 匿名 #- /編集

「まあいいか」で済まさず良かったね

確率が低いことだからこそ、起こったときの被害は大きい

2010年02月06日土 URL #- /編集

こういう出来事が一番恐怖だよね…
戸締まりしない一人暮らしの人とか理解できんよ…

2010年02月06日土 URL #- /編集

トラウマになるなこりゃww

2010年02月07日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。