日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この流れで思い出した。母が入院してた時の事。

476 :本当にあった怖い名無し:2010/02/13(土) 08:33:36 ID:BiCcAeFV0

この流れで思い出した。母が入院してた時の事。
母の隣のベッドの婆ちゃんが、ずっと大きな声で独り言を話してた。
何?この人って思って見てると、母が
「隣のお婆ちゃんボケちゃってるのよ。ほっときなさい」
そう言われても気になるので聞き耳を立ててると
どうやら独り言ではなく誰かと会話しているようだった。



「~なのよ。あなたどう思う?」「まあ、そうなの。それでね~。」
という感じで、婆ちゃんの声だけで相手の声は聞こえない。
それでそっとカーテンの隙間から覗いてみたら
その婆ちゃん、誰も座ってない椅子に向かってしゃべってた。
そのとき看護師さんが病室に入って来たんだけど、
「あら、看護婦さんが来たわ。私看護婦さんに用があるから、あなたちょっとそこで待っててね。」
と、やっぱり誰もいない椅子に向かって断りを入れていた。
母が言うには一日中そんな感じで一人でしゃべってるらしい。
ある日、その婆ちゃんの息子さんが見舞いに来たそうなんだけど、
しばらく婆ちゃんと話してたと思ったら、いきなり
「母さん、何言ってるんだよ!!俺が母さんに戦争中の思い出話なんかする訳ないだろう!?
俺はその頃まだ生まれてないよ!!」
って怒鳴ったらしい。
そっかー婆ちゃん、見えない人と戦争中の思い出話をしてたのかー。
って、それ本当にボケ症状か?お迎えが来てるんじゃないのか?
結局その婆ちゃんは数日で退院して行ったけど、ほんのり怖かった。


晩年計画がはじまりました (角川ホラー文庫)
牧野 修
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-08-25)
売り上げランキング: 122823

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

いつも息子の幻想と戦争の思い出話話してたから本当の息子にもしちゃったんだろ?
つまりお迎えでも何でもなく、ただのボケだろ

2010年02月16日火 URL #- /編集

なんかこのサイトにって興醒めするようなコメントばっかり書かれてるよな
批評家気取りとか「幻覚だろ」とか言う奴ばっか

2010年02月16日火 URL #FOiP8YQY /編集

禿同

2010年02月16日火 URL #- /編集

一応、経験則から。

家も今は故人だけど、祖母が晩年に似たような
話をたまにする時があった。

ただ祖母は自他共に認めるくらい、霊感もちで
視力が衰えた晩年は、メガネをしなければ
孫だろうが自分の子供だろうが、ごちゃ混ぜ。

ぼんやりとしか見えてないので、普通の人も
そうでない存在も、認識して会話してた。

見えない私も、夜中呼ばれて真っ暗な和室で
暗闇の中白い煙のようなシルエットが、ゆったり
動いて祖母から遠ざかる様を見て、怖かったが
あっちの世界の回線と繋がって、年よりは
死ぬんだなぁ~・・と、何気に思ったりした。


よく顔を覗き込む人が居ると言って、私に止せと
言う事がしょっちゅうだったが、その時間誰も
家に居る訳が無いので、結局家族内でも
なるべく触れないようにしてました。

2010年02月16日火 URL #- /編集

つまんね。
つーかほんのりっていい加減あきたな
日本語学習しろや

2010年02月16日火 URL #- /編集

つまんねーばっかり言う人って、つまんねー日々生きてんだろな… ご愁傷様です

2010年02月17日水 URL #- /編集

つまらなくても自分で楽しむ努力しなきゃね
「つまらない」って言うだけじゃ思考停止してるも同然

でも老人だからなー...「ただのボケでは?」って意見も最もだ。
うちの祖父も病院の天井を見て酷く怯えたりしてたそうだけど、
死期が近づいて精神的に追い込まれて来ると無いものが見えたりするんだろうな。

2010年02月17日水 URL #Gunbb4dY /編集

オカルトに結びつけるには厳しいだろ

2010年02月17日水 URL #- /編集

なんでもかんでもつまらないという人もある意味怖いね、しかしこの話し感染の婆さんを思い出してしまった

2010年02月18日木 URL #- /編集

なんでもかんでもオカルトと結びつけるという人もある意味怖いね

2010年02月18日木 URL #- /編集

呪怨の婆さんも似たようなことしてたね

2010年02月18日木 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。