日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある時からやたら家に間違い電話がやたらかかってくる時期があった。

528 :本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 12:08:58 ID:5V6sJIEAO

高校生の頃の話

ある時からやたら家に間違い電話がやたらかかってくる時期があった。
それも、決まって
「フルヤ」という人と間違ってかかってくる。



間違い電話はかなり頻繁で母親の証言も合わせると2~3日に一度はかかってる
なんか変だなと思ってはいたが、最近、フルヤって人が似た番号で契約したのかなぐらいに思ってた。
ところが、しばらくすると見知らぬ人から
「君、フルヤさんところの息子さん?」
と声をかけられる事が増えてきた。
酷いときは日に2~3度声をかけられたこともあった。
人口100万を超える市の出来事ね。

これはさすがに気味が悪かったね。

んで、時は流れて、昨年結婚したんだけど、婚姻届けに嫁が書いた名字が「古屋」なわけ。
これにはビビったね。
「おまえの名字って○○じゃねーの?
古屋って何?」
って聞いたら、戸籍上は古屋なんだそうだ。
小さい時に家の事情で親戚の古屋家に養子に出されたそうなんだが
生活基盤を立て直した産みの親が再び引き取ったんだと。
産みの親の名字は○○なんだけど、一度養子に出した子供は法律的に元に戻したりとかできないらしいから戸籍上は古屋のまま。
通称として○○を名乗っているとのこと。
ま、なんとも奇妙なな話。


密室・殺人 (角川ホラー文庫)
小林 泰三
角川書店
売り上げランキング: 296276


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

フルヤの電話番号に似てる
フルヤの顔に似てる
知らずにフルヤと結婚

すげー確率
宝くじだったら良かったのにね

2010年02月19日金 URL #- /編集

養子離縁すれば元の親の戸籍に入れるはずなんですが…。

2010年02月19日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。