日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らしすることになったので、部屋を探しに賃貸のお店に行ってみた。

535 :1/2:2010/02/17(水) 08:33:11 ID:GI5Epnkj0

大学2年生の時、今までは実家通いだったけど一人暮らしすることになったので、
部屋を探しに賃貸のお店に行ってみた。
大学近くで7畳あってセパレートでキッチン広め家賃4万円代。
私の希望はこれで、とても理想が高いものだった。
当然のことながら、そんな物件はないに等しい。



担当のお兄さんも呆れた顔でいろいろ物件を紹介してくれるのだが、頑として妥協しない私。
すると、「じゃあこれはどうでしょう」と担当者じゃないお姉さんがある物件を勧めてきた。
その物件は私の希望するそれと同じで、しかも築も浅く角部屋だった。
その上、男性階と女性階に分かれていてオートロック。
安全面もばっちりだし、外観もおしゃれだった。
やっぱり最後の方に出してくる物件はいいヤツなんだなと思いながら、二つ返事でその物件を借りることにした。

入居してから、管理人が部屋の具合を確かめに何度が訪れることがあった。
一人暮らしを始めたばかりの私は「なんていい管理人さんなんだ」と安心した。
その上、朝大学へ向かう時、エントランスや廊下を掃除している管理人を見ることが多かったので
「この物件は大当たりだな」なんて思っていた。
ただ、とても不思議だったのは女性入居者が圧倒的に少ないこと。
こんなにいい物件なのになんでだろうと不思議だったが、じきに入居してくるんだろうなって思った。


536 :2/2:2010/02/17(水) 08:34:54 ID:GI5Epnkj0

事が起こったのは入居してから1ヶ月ほどたった頃。
その日は講義が休講だったのにも関わらず登校してしまい、損をしたと思いつつ帰宅した。
時間は午前10時ぐらいだったと思う。
カギを挿して扉を開けようとしたけど、なにか違和感がある。
ひょっとして、とノブを回すとカギが開いていた。
カギかけるの忘れた?と思ったけど、私の靴じゃない靴が玄関にあったので驚いた。
部屋に管理人がいた。
今日管理人来るって話あったっけ?え?どういうこと?と動転する私。
管理人も驚いたのか、「早かったね、今日は講義じゃなかったっけ?」と話してかけてきた。
「休講だったんで…」「そっかー。ちょっと部屋を見させてもらってたんだ。綺麗に使ってるねー」
そんな会話をしつつ、管理人退散。私呆然。
そういう日だったんだ、私が忘れてただけ、と自分に言い聞かせていたけど、
それから下着はなくなるわ、バス用品はなくなるわで怖くなって部屋を出た。

もう大学を卒業して3年経つ。
この前、サークルの現役・OB親睦会があって、後輩達から
「あのアパートの管理人が捕まったらしい」って話を聞いて思い出したので投下した。


アンデッド 拷問教室 (角川ホラー文庫)
福澤 徹三
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-03-25)
売り上げランキング: 487921


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

洒落にならんね。

2010年02月19日金 URL   #- /編集

幽霊よりも何よりも生きた人間が怖いって話だね

2010年02月20日土 URL #Gunbb4dY /編集

5年位前にマンションの大家が、
自分のマンションで空き巣して捕まった事件あったね

2010年02月22日月 URL #JalddpaA /編集

最初に紹介した担当者じゃないお姉さんもあまりものしつこさにムカついてブラック物件を紹介したんだな
うん、人間怖い

2010年02月22日月 URL    #JXoSs/ZU /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。