日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょい年下かな~くらいの女性に声をかけられた。

539 :本当にあった怖い名無し:2010/02/17(水) 12:08:17 ID:VSIn0SJx0

 平成3年、大学3年生だったとき。街で、ちょい年下かな~くらいの女性に声をかけられた。
 彼女が言うには、自分と夢で何度も逢っているらしい。
しょっちゅう出てきて、夢の中ではかなり親密な関係になっているような口振りだった。
 夢に出てくる人が、現実に存在していたことに、彼女はひどく驚いていて、同時に喜んでもいた。
 自分はといえば、ものすごい変化球で攻めてきた逆ナンか、
その頃流行っていた様々な新興宗教の勧誘か何かかと思っていた。



 そこらへんから彼女が増長しだし、番号を教えてもいないのに、
うちに電話をかけてくるようになり、大学のサークル室にまで押し掛けるようになった。
 あまりにもきもいので、関わってくれるなと言ってからは、そういう行動はなくなった。

 そんな彼女を思い出したのは、先日の日曜日のこと。
 妻が、学生時代の自分のアルバムを引っぱり出してきて、これは誰だとかここはどこだとか2人で話していた。
 みんなで遊んでいる写真の中に、栃木県にある那須ハイランドパークで撮った写真が何枚かあった。
 大学1年の秋に、サークルの何人かでツーリングがてらに行った時の写真だ。
 自分と、当時付き合っていた女性がツーショットで写っている右後ろに、
通行人っていうか他のお客さんが、ちょうど振り返って一緒に写ってた。

 彼女だった。元カノを、凄い形相で睨んでた。妻が「なんかこの人怖いよね」と言うので初めて気づいた。


心臓狩り _(1)移植された悪夢 (角川ホラー文庫)
梅原 克文
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 67727


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

愛されてばかりいると

2010年02月20日土 URL #- /編集

電波こえぇぇ

2010年02月20日土 URL #- /編集

オープンなストーカーだな

2010年02月20日土 URL #- /編集

で、可愛かったのはどっちなん笑?

2010年02月20日土 URL a #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。