日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中規模の独立系IT企業に人事総務担当として勤めていました。

606 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 03:36:46 ID:V6aA4pkS0

「10年ほど前、中規模の独立系IT企業に人事総務担当として勤めていました。
社長がかなりワンマンで、それが嫌で進んで去る社員も多かったですが、
中に、社長に目を付けられても中々辞めないHという20代後半の男性社員がいました。


社長がいよいよ焦れたようで私にHを辞めさせるようにと迫ってきました。
私は全く気が進みませんでしたが、私自身がリストラされてはたまったものでは無いと
思い、Hが女子社員へのセクハラをしたという話をでっち上げ、半ば脅すようにしてHを追い込み、
2ヶ月ほどで、依願退職扱いで辞めさせる事に成功しました。
その時は良心の呵責より、荷物が片付いたような爽快感のが勝っていました。

それから1ヶ月ほどしたある日の夜、家に無言電話がかかってきました。
はじめは1回だったのが、日ごとに几帳面に1コールずつ増えていきました。
すぐに所轄の警察の生活安全課に被害届を出しに行った所、初めは若い警官が対応していましたが、
顔色が変わると、席を立ち、年配の警官に声をかけ聞きとり役がその年配の警官にかわりました。

その警官の顔と名札を見て、心臓が止まりかけました。Hと同じ苗字で、しかもHを少し老けさせたような容姿・・・。
そういえば、Hの入社時の身辺調査で警官の兄がいたはず・・・。
警官は徐に「証拠が無いとなんともできませんなあ。あっても取り扱えない場合がありましてね・・・。」と
言ってきました。私は「はあ・・・。」と相槌をうち、気分も悪くなってきたので、断って帰ろうと後ろを
向いた時にまた「弟がお世話になりました・・・。」と言ってきたのです。

その後、私は家族と共に家を転々としています、妻と二人の子供は昨年の秋に家の前で
車にひき逃げされ、他界しました。当然警察沙汰になりましたが、未だに全く捜査は進んでいません。
そしてまた、今夜も無言電話がかかってくるでしょう。」


同葬会 (角川ホラー文庫)
藤 ダリオ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-03-25)
売り上げランキング: 52718


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

なんだ、ウソか(´∀`)

2010年02月22日月 URL #- /編集

( ;∀;)イイハナシダナー

2010年02月22日月 URL #- /編集

このサイト、コメント無しにしてはどうでしょう
雰囲気壊れて、つまらなくなるだけだし
実際そんなのばかりだし

2010年02月22日月 URL #JalddpaA /編集

そんなに雰囲気良いネタないだろ

微妙な話もコメントが突っ込んでるから救われる

2010年02月22日月 URL #- /編集

解釈の難しいネタをみんなで解く時は面白いけど、確かにつまんねーとか冷やかしみたいなコメントはいらないよな

2010年02月22日月 URL #- /編集

胸糞悪いな

2010年02月22日月 URL #- /編集

ゴミはゴミじゃん・・・
誰かが言わないと気付かず
糞つまんない話を自己満のために書く馬鹿が増えるだけだし…
厳選というかいい話を選び抜くためにも必要なんだな

2010年02月22日月 URL a #- /編集

ここは、都市伝説を単に公開するだけじゃなくて
客観的に評価する役目もある
まぁ気軽に行きましょ
ネットで誰でも書ける所は、変なコメントが付き物だしね

2010年02月22日月 URL #- /編集

むしろ誰かがツッコんでないと見れないチキンだっているんだが。
怖いなら見るな? 怖いもの見たさってあるだろ……分かってくれよ…… ;ω;

2010年02月22日月 URL #- /編集

米欄をなくせという人は、本文だけ読んで
米欄を読まなければいいだけの話だろ

2010年02月22日月 URL   #- /編集

確かにそうだ。
読まなきゃいいんだ!!

2010年02月22日月 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。