日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮元君というクラスメートがいた。

64 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:06:33 ID:/4SIEBk30

高校時代、俺は孤独だった。
実家から一時間半かかる高校に行ったので地元の友達もおらず、
第一志望の高校落ちた挫折感と、人付き合いの煩わしさを感じる性質だっため、
教室でも寝てるか本を読んでいるかだった。
でも別に苦じゃなかった。


宮元君というクラスメートがいた。
バレー部所属でクラスでも発言力があるタイプ。勉強はそれほど得意じゃないけど、
活発で背も高くなかなかハンサムで、俺的にはちょっと苦手なタイプ。
でもなぜかすごく俺に構ってくれた。
クラスで催し物がある時なんか声をかけてグループに入れてくれたり、
学校の帰りにマックなんかに寄ってだべったり(俺はちょっと迷惑だなぁと当時は思った)。
数人のグループでスキーに行くという時には、行きたくないから色々言い訳する俺を
強引に誘った。結局スキーに行くことになった。
安いツアーだったので業者の手続き違い(?)で宿が変わったりして面倒もあったが、
まあ「スキーに行ったなぁ」という思い出にはなったのかな。楽しかったかどうかは忘れた。
卒業まで同じクラスだったの、なんだかんだで構ってくれていた。
その後どうなったかわからない。
結構前の話なので、自分のことも含めて卒業前までの記憶があんまり無い。


65 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:14:35 ID:/4SIEBk30

この間十何年かぶりに高校時代のクラスメートと会った。
そいつは家の方向が近かったためよく一緒に帰っていた奴だったので覚えている。
いろいろ話して見ると、どうも自分の記憶がおかしい。
スキーも一緒に行ったんだけど、宿の予約なんかは俺がしたらしい。
変なツアー選んでスマンと平謝りだったろ、と言われたけど覚えてない。
お前はいつも仕切りの詰めが甘かったんだよというので、
俺は孤立してだろ?と聞くが、そんな活発じゃなかったけどそんな孤立してた訳でもないらしい。
で、宮元君の話をしたら「誰だよそれ?」って。

でも、俺には今でも顔を思い出せるんだよね。
俺の記憶がおかしいのか、過去が変わったのかどっちかわからないけど、
宮元君にはお礼を言いいたい。
あの頃はありがとう。


66 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 20:28:37 ID:AQPsidav0

宮元君はお前だろ

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

例の、弟は想像上の産物だった話の変型

2010年02月23日火 URL #- /編集

宮元君にはお礼を言いいたい。
あの頃はありがとう。

 
自分の名前は宮元である。

2010年02月23日火 URL いいじゃないですかおっさん #- /編集

未来が変わったんだよ

2010年02月23日火 URL #- /編集

タイムパラドックスだ!
歴史が変わってしまった!!

2010年02月23日火 URL   #- /編集

多重人格とか、そんなのかしら。

2010年02月23日火 URL #- /編集

ファイトクラブ思い出した。

2010年02月24日水 URL #- /編集

イケメンなのかよw

2010年02月24日水 URL #IbLSLQMU /編集

「ボス いつものように 電話ください………… 待ってます…… 電 話」

2010年02月26日金 URL #- /編集

※4
キャンベルwww

2010年03月13日土 URL #- /編集

俺も高校進学したとき

家から電車で30分の高校で

同中の人は居なかったけど、


やからって孤独にはならんと・・・




思うが。

2010年12月16日木 URL え!! ここがコメント欄なの?! #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。