日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいして怖くないと思うけどさっき体験した話。

596 :本当にあった怖い名無し:2010/02/14(日) 18:59:28 ID:8xov+6r50

たいして怖くないと思うけどさっき体験した話。
バイト終わって寒いなか商店街から住宅地にむかって歩いていたんだけど
路地曲がって、人気の少ないアパート通りをテクテク進んでったら、
60mくらい先の街灯の下に、ブーツっぽいのがそろえて置いてあるんだよ。



なんであんな場所にすててあるのかなーと思いながらそこを見つめてたらさ、
なんだかそれがブーツじゃなくて人間の足のような気がして、目が離せなくなっちゃって。
自分はその街灯の20mくらい手前の道に曲がりたかったから
いやでもそこまでは近づいて行かなきゃいけないのね。
でもさ、近づいてくとやっぱり、足なんだよ。人間の足。ひざから下の素足。
やばいかな、と思って立ち止まって、それでも好奇心とかもあるからそこから眺めてたらさ、
動いちゃったんだよね。やっぱりかーみたいな。ああいうときって驚きすぎて平常心だよね。
その足ゆっくり歩き出したから、背を向けるのも怖いので、蟹歩きで来た道を戻ったよ。
冷静に考えると当事者的にはちょっと怖かった。


粘膜蜥蜴 (角川ホラー文庫)
飴村 行
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 105219

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

こえぇよww

2010年02月24日水 URL #- /編集

警察呼ばないのかな

2010年02月24日水 URL #- /編集

捕獲しろ!w

2010年02月24日水 URL もぐりの名無しさん #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。