日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。

848 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/02/20(土) 19:22:19 ID:QAwiEXUB0

知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

「山に入っとった仲間が、青い顔して早々に帰ってきた日があった。
 そいつが利用してる狩り場へ行こうとしたら、仰山の骸が落ちとったちゅうての。
 ほとんどが雉だったそうじゃが、どうしたことかと寄って調べてみたところ――」

「倒れとるどの鳥にも、目玉が無かったんだと」

「“こりゃ十二様(山の神)が大荒れしてらっしゃる!”って思ったんだと。
 恐ろしくなって一目散に逃げ帰ったそうじゃ。
 本当かってんで、何人かで連れ立って、そこンとこの山道に行ってみた。
 もう何も落ちてはいなんだが、えらく腐臭がしておった。
 嫌な前触れだのう、そんなこと話しながら直ぐに山ァ下りたわ」

「その秋は、本ッ当に何も獲物が獲れんかった。
 まぁ皆予想はしとったんで、出稼ぎ入れたり内職入れたりしとったけどよ。
 十二様が怒っちまうと、鉄砲撃ちは何も出来ねえナって実感したわい」


おそれ (角川ホラー文庫)
倉阪 鬼一郎
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-04-23)
売り上げランキング: 494330

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。