日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄の肉

375 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/12(火) 22:25:47 ID:BO0dieVg0

まだオレが幼稚園に通ってた頃の話。
その頃はオレは兄貴と一つの部屋で寝てたんだけど、
ふと目を覚まして見たら、隣に寝ているはずの兄貴がいない。
確か朝の4時くらいだったかな。当然外も真っ暗だし、オレはなんか怖くなって親の寝室に行こうと思った。
親の寝室に行くまでに台所を通るのだけど、その台所に誰かいた。見えないけど気配を感じるし、音も聞こえる。
真っ暗な部屋の中で、規則正しくトントントンって包丁の音が聞こえる。
オレは怖くて固まってると、不意に電気がぱっと付いた。
そこには母さんがいて、包丁片手に何か料理しているみたいだった。
当然オレは「何してるの」って聞いたんだけど、逆に母さんが「あんたこそ何してるの」って返してきた。
「兄貴がいなくなったから」って答えたら「寝惚けてるのよ。これ食べて寝なさい」ってスープを出してきたの。
今でもはっきり覚えているんだけど、鶏がらスープみたいな感じで、細かく切ったビーフジャーキーみたいなものが入ってた。
物凄くおいしくて、一気に飲んだ後に「なんでこんなもの作ったの」って聞いたんだ。
そしたら、「なかなか寝付けないの。これ飲んだら寝れるかなって」って言った。
オレはその後一言二言くらい交わして、すぐ寝たんだ。

次の朝、慌てる親父の声で目が覚めた。
「おまえ、○○(兄貴の名前)知らないか。何処にも居ないんだ」
「ずっといないよ」そう答えたら、「なんですぐ言わなかった」って言われたから「だって母さ――」
『だって母さんが』って言おうと思って、ふと気が付いた。
気が付いたって言うか、何でその時忘れていたのかわからない。
母さんは丁度一ヶ月前亡くなった。反対車線に飛び出したトラックに衝突して、ぐちゃぐちゃだった。
結局兄貴も見つからず、行方不明ってことになった。

父さんは夢だって笑うけど、オレにはあの夜に食べたあのスープが兄貴に思えて仕方が無い。
母は凄く寂しがりやで、変な話だけど、寝れない夜によく兄貴が付き添って寝てた。
多分、死んだ後も寂しいから、兄貴を迎えに来たんだろう。体の中に入れれば、ずっと兄貴と一緒だと思ったんだろうか…。
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

   1げと         1げと    1げと   1げと 1げと    1げと    
1げと1げと        1げと      1げと   1げと 1げと   1げと      1げと
1げと1げと        1げと   1げと1げと1げと           1げと  1げと
   1げと        1げと       1げと               1げと1げと       
   1げと        1げと       1げと               1げと               
   1げと        1げと       1げと              1げと              
   1げと        1げと       1げと              1げと                
   1げと        1げと      1げと               1げと  
1げと1げと1げと     1げと    1げと                 1げと1げと1げと


2007年12月26日水 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。