日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういや実体験の中で一番怖かったこと書いで行くよ

673 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 16:23:19 ID:38403Ub20

そういや実体験の中で一番怖かったこと書いで行くよ

ある日の夜、寝る前、出窓と閉めたブラインド端の隙間の暗闇に何か視線を感じた
でも自室は二階だし、おかしい



私、疲れてるのかな?ヤバいななどと思いながら視界から隙間を外し、
漫画を読んで気持ちを明るく切り替えてから寝た

次の日は休みだったので昼前に起きた、辺りは明るい、昨夜のことは忘れてた
んで、ふと隙間のところを見たら

おっさんがこっちを覗いてた
ハゲで脂っこい感じの太めリアルおっさん
一晩中いたのかよ!この寒いのに!

「うあああああ!!」とパニックになるが、家族は仕事だからいない!
急いで部屋から出て階下へ、顔も洗わずに上着、サイフ、ケータイを掴んで家から逃げ出る

スウェットに上着というDQNぽい格好でコンビニに行き、平静を装い朝食買ったら落ち着いて来たので、
家の裏道から帰宅、自室の窓を外から確認するためだ

そしたら、窓の周りに脂みたいなのと引っかいたような跡が反射して見えた、
アイツやっぱリアル変質者だったんだ!
幽霊とかじゃなかった!見間違いでもなかった!

その話をガクブルしながら両親にしたら、次の週末、
仕事に出かける玄関先で両親に呼び止められ、隣のおばあさんを引き合わせられた

結果、覗いてたのは、心を病んで私が小学校に入る前
(引っ越して来る前)から座敷牢状態にされていた、隣のおっさんだった…

おっさんは他人とまともに喋らないらしく、そのおばあさんに激しく謝られた
隣にそんな人がいたことなんてずっと知らんかったわ…しかも部屋の窓は庭やフェンスはさんだ向かい合う位置
おばあさんもそんなことチラリとも臭わさず私たち家族に接してた
覗かれてたこともだが、それがちょっと空恐ろしかった


黒鷺死体宅配便4 (角川ホラー文庫 お 5-4)
大塚 英志
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 174596

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

隣のおっさん怖いねー

2010年03月06日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。