日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれが小学校低学年くらいの話だから約20年くらい前の話。

362 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 17:07:05 ID:OgEqQX/i0

おれが小学校低学年くらいの話だから約20年くらい前の話。

おばあちゃんの家はおれの実家から大体20キロくらいでそれほど遠くないから、
日曜日とかになるとお袋の運転する車でしょっちゅう遊びに行ってたんだ。
おばあちゃんの家はお寺の目の前でよくおばあちゃんがお寺に手伝いに行ってたな~
夏休みとかになるとおばあちゃんの家に泊まりに行ったりしたけど霊体験は一切なし。

そんな俺の経験した数少ない霊体験?の一つ



その日は家族で(親父、お袋、兄貴、俺)で夏祭りで花火大会とかを見におばあちゃんの家に行ったんだ。
行きも帰りも同じ道を通ったと思うんだけど、問題は帰りで起こった。
おれは車の後ろに兄貴と一緒に座ってたんだ。前はお袋と親父。
おれは暇だったんで外の景色をぼ~と見てたら1キロくらい先に丸いオレンジ色の
光が見えたんだ。大体10個くらい。
おれはそれを見て速攻お袋に『あれなに?』って聞いたけど無視された。
当時の俺はオカルトに興味なかったから別に対して気にもしなかった。
たぶん屋台とか出てるんだろうと思った。おれも祭りの帰りだったから・・
その日はそのまま真っ直ぐ家に帰って寝た。


363 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 17:08:19 ID:OgEqQX/i0

それから一ヶ月後くらいにまたおばあちゃんの家に遊びに行くことになった。
あのオレンジに光を見た道と通って行くのだが今回は昼なので
あの場所に何があるのか見てやろうと思い虎視眈々と待っていた。

もうすぐだな~なんて思いながら外を見ていた。
しばらく走ってついにあの場所に何があるのか分かった。
『墓場』だった。

今までそこに墓場があるなんて思ってなかったビビったけど
あの光を始め見たとき優しいオレンジ色だったので恐怖感はなかった。
花火大会とか祭りに参加するために降りてきたのかな?

霧が晴れた時 (角川ホラー文庫―自選恐怖小説集)
小松 左京
角川書店
売り上げランキング: 26505


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

お前を迎えに来たんだよ

2010年03月02日火 URL 呪 #- /編集

バカップルが花火大会の後に肝試しでもしてたんだよ
墓があるからって幽霊が出るとは限らない

2010年03月03日水 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。