日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公団の団地に住んでいた幼稚園児くらいの時、

167 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 18:01:32 ID:q4ygQQxp0

子供の時、公団の団地に住んでいた幼稚園児くらいの時、
幼馴染みの友達と遊んでいたら知らない子が混ざってきた。



年も近いし同じ団地の子っぽかったのでしばらく遊んだ。
そして皆でマンホールの蓋を踏まずに飛んだら勝ちというゲームをはじめた。
順番でその子も飛んだ筈がいきなり居なくなってびっくりして
行ってみたら蓋が少し開いていた…
少しと言っても人が落ちるほどじゃなく三日月くらいのズレ
怖くなって半泣きでかえってそれぞれの母親連れて戻ったけど母の力でも蓋がびくともしないんで
うそつき、きのせい、と怒られた。
でもこれは幼馴染み(今も同じ団地に住んでる)も覚えてるので気のせいじゃないと思う。

そしてその数年後に開いていたマンホールに落ちた子が亡くなったそうでマンホールの蓋の管理が厳重になった
母が思い出して「あの蓋は重かった」と呟いていた。


肉食屋敷 (角川ホラー文庫)
小林 泰三
角川書店
売り上げランキング: 23477

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

蓋の三日月くらいのズレは実は
子供が落ち込むくらい開いてて
駆けつけた母親たちが証拠を隠滅するために
マンホールの蓋を閉めちゃってて
子供たちはショックで記憶を書き換えちゃってて

って考えていたらいなくなった子が
霊かなんかだったってよりぞっとしたけどねーわ。

2010年03月04日木 URL #- /編集

これ最近噂になったただの都市伝説w

2010年03月04日木 URL もぐりの名無しさん #- /編集

↑はココをどこだと思ってんだ?

2010年03月04日木 URL #- /編集

※2
このサイトの名前100回読みなおしてこいよ

2010年03月05日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。