日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暇なのでいまの病院での話。

550 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 05:48:43 ID:yq7Te9/H0

暇なのでいまの病院での話。

ここは救急病院で、1ヶ月もたたぬうちに退院または転院する方ばかりで、
私は例外的に2ヶ月以上入院しています。



ここは認知症の老人ばかり運ばれ、子供や私のような若い方が運ばれるのはあまりありません。

若い方や子供、一部の老人は親族の方がお見舞いにきてくれますが、
このフロアの大半を占める老人は、見舞いもなく、またテレビも有料な為(20時間千円)か、
一人言やお経を唱える方が結構いらっしゃいます。

そのような老人にとって、テレビも見れず、見舞いも来ないので、寝る事と、
食事、あと二日に一度の風呂やリハビリ以外やることがないので、何となく気持ちは分からないでもないです。

私はというと、友人はいつのまにか恋人になり、毎日見舞いに来てくれますし、
本や携帯からの2ちゃんなどで時間を潰せるし、一人言やお経は音楽を聞く事で回避するので慣れましたが。
目に余る場合は看護師さんに相談し、老人の方は移動になりますが…

さて、寝たきりで見舞いもなく、テレビも見れないこの病院ではよくいる、
毎日痛みをとれてくれとお経を昼夜問わず唱えるお婆さんがいました。
余りにも目に余るので部屋に移動になりましたが…

ある日、その老人が廊下を歩いていたのです。顔は怒っているような形相。

怖いし、寝たきりだったのに歩けるようになったのかと驚き、看護師さんに相談しましたが、
その看護師さんは何故か釈然としない言い方しかしません。

腑に落ちないので、見舞いにきた元友人(恋人)にその話をしたら、真相を教えてくれました。

この部屋に来る途中、彼は見たのです。そのお婆さんが顔にガーゼをかけられ、
ストレッチャーで一階に運ばれるのを。

ちなみにこのフロアでは五歳位の黒い子供と白い子供が、夜中廊下にてはしゃぐ姿や声が、
私や看護師や患者さんなどによく目撃されたりします。
私のいるフロアは整形外科で走れる所か、子供が夜中廊下ではしゃいでたら即刻注意されるはずなのですが。
ベテラン看護師さんによれば、『よくあること。』だそうです。


バチカン奇跡調査官  サタンの裁き (角川ホラー文庫)
藤木 稟
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-01-25)
売り上げランキング: 14492

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

そうであったなら面白いですが
たぶん見間違えでしょう

2010年03月05日金 URL #- /編集

なんとかうまく見せようとしてるけど超絶ヘタクソ文章

2010年03月05日金 URL #- /編集

たしかに色々と変なところは多いけど、これぐらいなら俺は許容範囲

ただ、”見たこともないような穏やかな表情で、あの老人が廊下を歩いていた”って風にした方が良かったのにとは思う
死んで痛みから解放されたおかげだったんだろうと、読み手としても納得できるのに

2010年03月05日金 URL #- /編集

俺もまあ許容範囲。だが・・・・・・

>私はというと、友人はいつのまにか恋人になり
何それ、うらやまけしからん。

2010年03月05日金 URL #- /編集

もう少し頑張ってほしかったなぁ…
なんかもやもや…

2010年03月06日土 URL #- /編集

文章が壊れすぎてて気持ち悪い。
語り手自身が痴呆症とかだったらしっくりくる。

2010年03月07日日 URL #- /編集

「友人がいつしか恋人となり、毎日見舞いに来てくれる」
結局それを一番伝えたかったのかな。

あと、認知症の老人が救急病院の整形外科のフロア大半を占めるなんてホントですか?

2010年03月09日火 URL えっくす #MCWqbLaQ /編集

病院で携帯使っていいの?
しかも救急なのに整形?

2010年03月20日土 URL #rgFH9dIE /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。