日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際あった話なんだけど、今思うとちょっと怖い。

747 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 20:03:10 ID:kmtcnPse0

実際あった話なんだけど、今思うとちょっと怖い。

小学校高学年ぐらいのとき、クラスの仲がいいコ達で「こっくりさん」がはやった。
休み時間になるとトイレでこっそり集まっていつもこっくりさんをやってて、特に問題もなかった。
私はちょっと冷めてて、きっと誰かが動かしてるんだろうな。
ぐらいにしか思ってなかった。
けど、ある日。



「こっくりさんお帰りください」といくら言ってもずっとNOのところに止まってしまって動かなかった。
きっと怖がらせようと友達の誰かがふざけてるんだろうと思っていたけど、
休み時間が終わっても、ずっといくら言ってもNOに止まって。
そのうち、紙の上をぐるぐる回ってシ ネ 、とかコ ロ スと文字に順に止まったりして
さすがに怖くなって来た。
「どうしたら、帰ってくれますか?」と聞くと、
○○ノハカマイリニイケ
と止まった。(○○には名前が入ります、ここでは伏せさせていただきます。)
「みんなで、お参りに行くのでお帰りください。」
と言うとやっとYESに止まった。みんな手を離してその日先生にそのことを話した。
先生は、もうやっては駄目だよ。といっていた。
それでももやもやが取れなくって、
一応、近くのお寺に行ってその名前のお墓を探したら。
墓地の端のほうに、忘れられたようにその名前のお墓があった。
そこで、手を合わせてその日は帰って。それからこっくりさんはやってない。

今日、久しぶりにその時いた友達に会って、こっくりさんの話になった。
んで、「あの時10円玉を動かしてたのこっくりさんじゃなく、なにか別のモノだったんだね。」
と言われた。

鳥肌がたったし洒落にならなかったので、燃焼のためにうp。


現代百物語 嘘実 (角川ホラー文庫)
岩井 志麻子
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 123788

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。