日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の散歩の時に体験した話。

88 :本当にあった怖い名無し:2010/03/11(木) 02:45:49 ID:zhuR0wB00

犬の散歩の時に体験した話。
俺としては滅茶苦茶怖かったんで、ちょっと聞いてくれないか。
予想外に長文になったから、興味無い奴はスルーしてくれ。


俺の地元は東北の凄まじいド田舎で、海や山が近い。
この季節だとまだ海は荒れてるし、それ以前に犬が波を怖がるから
散歩コースは大抵、山道を歩くような感じになる。
その山道っていうのが、一応はコンクリートで舗装されてるけど
それも申し訳程度というか、舗装はされてるけどゴツゴツで
お世辞にも道路状況が良いとは言えない。

だからこないだ、いつもとは違う道を歩いてみよう、と思ったんだ。
その近くに、新しくできた大きな橋があったんだよ。
道路幅が広くて、歩道もちゃんと整備されてる。
車で通る以外は、あまり縁が無かったんだけど、
気が向いたついでにそこに行ってみよう、と思ったんだ。

田舎だから空気もいいし、車もあまり通らず、静かでのどかな場所なんだ。
橋の下は谷みたいになってて、眺めも良い。
煙草吸いながら、携帯のカメラで色々撮ってみたり
ちょっとしたハイキングみたいなテンションになってた。
今度からはこっちの道を散歩コースにするのもアリだなー、なんて思いながら
そろそろ家に帰ろうと思ったんだよ。

そしたら、遠くの山の方に、何かが見えた。


89 :本当にあった怖い名無し:2010/03/11(木) 02:47:43 ID:zhuR0wB00

最初は木の間から空が見えてるだけかと思った。
でも、違うんだ。
何か白いものが、動いてる。
熊が冬眠から覚めるにはまだ早いし、猿にしたって色が違う。
本当に、漂白したみたいに真っ白だった。
不審に思いながらも、じっと凝視してたんだ。

いきなり、そいつが木の間から、出てきた。

ニュルン、て効果音が付きそうな程、滑らかに。
遠くだったし、視力もそんなに良い方じゃないから、見間違いかとも思った。
でも確かにそこにいるんだよ。
見た目は、トカゲを最高に気味悪くした感じって言ったらいいんだろうか。
もののけ姫のタタリ神って、いるだろ。
アレの表面をツルッとさせて、尻尾を付けたのが一番近いかな。
大きさは、結構でかいと思う。
少なくとも、人間よりは大きい。


一瞬、目が合ったと思った。

頭(と思われる部分)が、こっちを向いたんだ。
それまで何とも無かったのに、いきなり全身に鳥肌が立った。
一緒にいた犬なんか凄い勢いで吠え始めた。
そいつ、しばらくこっちを向いていたと思ったら、反転して、山の奥に去って行った。
山の上を走るみたいにして。
でも木はそんなに揺れてなかったと思う。
デカイものが移動するような音もしなかった。


90 :本当にあった怖い名無し:2010/03/11(木) 02:49:41 ID:zhuR0wB00

呆気に取られて、しばらくはそこに突っ立ってたんだけど
だんだん怖くなってきて、走って逃げた。

久しぶりに全力疾走した。
本当に全力で走った。
犬の綱を握ってる手がガタガタ震えてさ、滅茶苦茶怖かったんだ。
ともかく、そこから離れたくて仕方なかった。


全力疾走のまま、家に逃げ帰ってきて、うちの母親にその事を
早口で説明したんだけど、もう本当に半狂乱みたいになっちゃって
とりあえず落ち着け、と言われた。
で、ようやく冷静になった頃に、改めて説明した。
俺の様子が真剣だったから、母親もどうやら冗談の類では無いと思ったらしい。
事実かどうかは疑われたけど
俺としてはバッチリ見ちゃったから本当に洒落にならなかったんだ。


で、後になって「あれは山の神様の類なんじゃないだろうか」と思い始めて、
近所の爺ちゃん婆ちゃんにちょっと聞き込みしてみたんだよ。
でもその山も別に霊山じゃ無いし、特に奉ってる神様もいないらしい。
橋を作る際も、ちゃんとお祓いしてたし、工事も問題なく進んでたみたいだ。
町の資料館とかにも行ってみたんだが、
漁師町だから海に纏わる話とかは出てくるけど
山に関しての逸話は少なく、それらしいものも見当たらなかった。


俺が見たあの白トカゲは何だったんだろうか。
未だにわからない。

死霊列車 (角川ホラー文庫)
北上 秋彦
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 220266

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

オバケのQ太郎

2010年03月12日金 URL #- /編集

なるほど
だから犬が吠えたら逃げたんだな

2010年03月12日金 URL #- /編集

え~っと、こないだ同じような話し無かったっけ?
あっちは確か赤だったような…

2010年03月13日土 URL #2t2BecBo /編集

キノセイです、なんつってな!

2010年03月13日土 URL #- /編集

パノラマチックな情景が想像出来て中々いいね。
只、怪物の特徴と出現状況、彼我(ひが)の距離をもう少し詳しく説明して欲しかった。

2010年03月13日土 URL えっくす #MCWqbLaQ /編集

邪視っていうのじゃないか?

2010年03月13日土 URL #- /編集

くねくねの話かとオモタ

2010年03月14日日 URL #- /編集

ショウジョウでないの?

妖怪の類のような気がするなぁ。

山は奉って無くても、神様は居るぞ。
神様以外にも、人を化かす類は縄張り張ってるし。

2010年03月16日火 URL 通りすがり。 #- /編集

くねくねかと
こういう話の方が信憑性あるな

2010年03月17日水 URL #- /編集

相当力のある狐系かと。

2010年04月02日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。