日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末に解雇され、暗い気持ちで実家に帰った俺。

341 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 16:43:50 ID:3ckL2AiF0

今年の正月にあった話

年末に解雇され、暗い気持ちで実家に帰った俺。
東京に出てからは、元旦はひとりで実家の裏山に登り、今年の抱負を考えるのが恒例だった。
今年も山に登ったのだけれど、ひとつ気になることが。
後ろから人が付いてくるのだ。
なんとなくすれ違うのいやで、下りは別の道を通ったのだけれど、それでも後ろに気配がした。



結局、何事もなく家にはたどり着いて、家族と馬鹿話をしながら夕方になった。
落ち込んでいた気分も明るくなり、やっぱり家族は好いもんだと思ったね。

6時を過ぎたころ、父が仕事場に忘れ物をしたといって、家を出て行った。
仕事場までは約往復2時間。
15分くらいして、玄関のトビラが開いて、誰かが入ってきた。
「お父さん、忘れ物かしら」と母が玄関に出て、誰かと話している声が聞こえた。
すぐまたトビラが閉まる音が聞こえ、
「なんか変なのよ、お父さん。私が出て行ったら、もごもごよくわらないこと言って、すぐでてっちゃった。」
と母が不思議そうな顔で帰ってきた。

そのとき、なぜか直感的に嫌な感じがした俺は、
玄関にすっ飛んでいって、トビラを開けてあたりをみた。
家の周囲は見晴らしのいい場所なので、誰かいればすぐにわかる。
でも、あたりには誰もいなかった。
ためしに父の携帯に連絡をしてみると、父はまだ仕事場にもついておらず、家にも帰っていないと言う。
母は「あれは絶対お父さんだった」と言い張ったが、
「でも、そういえば、あのときのお父さん、私の顔を見てすごくびっくりした顔をしてたわね。
ちょっと怯えた感じで、なんか変だった」

結局、近所の酔っぱらいが間違って家に入ってきたのだろうということに落ち着いた。
しかし俺は密かに、俺が山から連れてきてしまった何かを、母が追い払ってくれたのだと思っている。
もし、家に誰もおらず、俺ひとりだったら・・・。
ありがとう、母。


鬼の跫音 (角川文庫)
鬼の跫音 (角川文庫)
posted with amazlet at 12.02.06
道尾 秀介
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-11-25)
売り上げランキング: 3666

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

( ;∀;) イイハナシダナー

2010年03月15日月 URL #- /編集

一体ダレなんだ!?
怖いよー!!

2010年03月15日月 URL #- /編集

仕事みつかったか?

2010年03月16日火 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。