日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の叔父さんが「最近変なことが起こるんだよ」と困っていた。

688 :本当にあった怖い名無し:2010/03/15(月) 01:29:09 ID:AUd41EVu0

親戚同士の集まりで、俺の叔父さんが「最近変なことが起こるんだよ」と困っていた。
どう困ってるのか話を聞くと、その叔父さんは運送会社をやっている。
会社といっても社員数人程度の小さな会社なので、社長である叔父さんも荷物の配達をしたりすることがあった。
その叔父さんが俺の地元の県の田舎の方に配達に行った時、



目的地の町に行く途中、夜の山道で女が一人道路を歩いている。
叔父さんは一体どうしたんだろうと思ってワゴンを止めると、
女に「お姉ちゃんこんなとこでどうした、乗っけてやろうか?」と言った。
女は頷くと叔父さんの車に乗った。叔父さんは「あんなところで一人で歩いてどうした、家はどこだ?」
と聞くが、女は「家に帰りたい」としか言わない。
しょうがないので、叔父さんはとりあえず町に着いたら警察にでも引き渡そうと思った。
町に着く少し前の辺りで女が急に「止めて」と言いだしたので、叔父さんは車を止めた。
女が急に車から降りたので、叔父さんも後を追って車を降りた。
女は町に向かって歩きながら、「帰りたい、帰りたい」と呟き続けている。
その女の尋常で無い様子に叔父さんは怖くなって、女を置いて車で逃げた。

それで叔父さんは一体なにが困っているのか、というとその女が最近夢に出てきたり、
気のせいかもしれないが車のバックミラーに写ったりするという。
俺の父親が「お前その女に取り憑かれてるんじゃないのか?お払いでもして来い。」と冗談を言って、叔父さんも笑っていた。

2ヶ月くらいたって叔父さんがその町の方にまた配達に行ってから帰ってこなくなった。
未だに行方不明。親戚の間ではその話はタブーになった。


顔なし子
顔なし子
posted with amazlet at 12.02.06
高田 侑
幻冬舎
売り上げランキング: 215766

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

これは・・・怖い。

2010年03月16日火 URL #- /編集

トラックだかタクシーの運ちゃんの話かと思った。
深夜の峠道で女を車に乗せて「もしかして幽霊かも」なんて思いながら女の言う目的地まで行くと何も無い森の中で、
目的地に付くと案の定、女はいなくなったけど森の中を車のライトで照らしてみると...っていう。

こっちの話は救いが無くて怖いね。

2010年03月17日水 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。