日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎晩夜中になると外に向かって窓から何か喋ってるらしい。

893 :本当にあった怖い名無し:2010/03/13(土) 05:29:20 ID:c608q3e8O

スレ読んでて思い出したからほんのり

友達の家の近くにはおかしな人(知的障害?)の人が住んでる
なんでも友達の部屋にある窓の正面は畑をはさんでその人の部屋らしい
毎晩夜中になると外に向かって窓から何か喋ってるらしい。それが友達に当てたものかは解らないけれど。



で、まぁ参った友達がその話を俺にしてきて、ホントなんだって!信じてくれよと言っても正直信じれなくて、「どうせ嘘だろ」なんて言ったらじゃあ俺の部屋に来てくれなんて言うんだ。
ちょうど家にあまり会いたくない叔父がきてたからつい泊まりにいったんだよ。
話によれば深夜に喋り出すらしいし、それまでゲームしてたんだ。
んで深夜1時位
一向にその声とやらは聞こえて来ない。「なんだよやっぱ嘘じゃねーか」なんて言ったら
外から声が聞こえてきた(上手く聞き取れなかったけどねぇ……なんで…てるのみたいな感じだった)んだ。
あ!これが声かとおもって正面の部屋を見たら誰も居ない。明かりはついてるけど人影はない。
おかしいななんて思ったら、よく見ると家の正面にある道路からこっちを見てる。
なんだか怖くて窓から離れたら見てた友達が「いない」って言うんだ。
帰ったのかな。って思った次の瞬間、玄関の方からガチャガチャ!と大きい音がして、外から「ねぇ!なんで?なんで!?ねぇ!」と声が聞こえてきた。
「なぁ、やべーよ逃げようぜ」って友達が言うんだ。
俺も怖かったから賛成して逃げる算段を立てた。
幸い部屋は二階だし外は畑。飛んでも怪我もしないし音さえださなきゃバレずに逃げれるはず
そう思って窓を開けた友達が凍りついてた
階下にその人がいたのだ
目も合った
怖さに泣きだしそうな時に、騒ぎを聞きつけた家族の人が連れ戻していって終わった。

翌日、その家族の人がお詫びに、と菓子折りをもってやってきた。
それから2年経つ。
友達に聞いたら、最近は声を聞かないらしい。
俺もそこの近くには、並びに行くのに通るのだが、以前のように徘徊しているその人を見る事はない。
やはり施設か何かに放り込まれたのだろうか。

長くてすまん。
時には生身の方が怖いということで

うなぎ鬼 (角川ホラー文庫)
高田 侑
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 246736

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

なんか色々変な文章だな。近所に知恵遅れがいるって話を「どうせ嘘だろ」って思うのがまず意味わからんし、そいつが外にいるからって家の二階から逃げようと考えるのも不自然だろ。

2010年03月17日水 URL #- /編集

結局なんだったんだ

2010年03月17日水 URL #- /編集

並びに通る?

2010年03月17日水 URL #- /編集

害者ってんな珍しくなくね?…
てかそいつが外にいるから飛び降りるとかどんだけブルってんだよ笑

2010年03月17日水 URL a #- /編集

一年も前の記事コメに言うのも何だけど、
その「知的障害?」の人が「毎晩夜中になると外に向かって窓から話しているらしい」っていうのに対して「どうせ嘘だろ」って言ったんじゃねーの

あと道路からこっち見て「なんで・・・てるの」みたいなこと言ってたら怖いだろww

2011年09月26日月 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。