日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人で山登りして下山する途中。

940 :本当にあった怖い名無し:2010/03/21(日) 16:31:23 ID:Mtt+keyT0

10年ほど前になるが、一人で山登りして下山する途中。
突然の雨に足止めされて、でかい木の下で雨宿りをしていた。
ふと、食べ残しのおにぎりを食べながら、ボーッとしていた俺のすぐ近くで
人の声が聞こえた。
見回したが、誰もいない。


気のせいかと思ったが、雨音に混じって「左ぃ・・・左ぃ・・・」と聞こえる。
薄気味悪いので無視していると、雨が小降りになって来た。
逃げる様に木の下から離れたが、去り際に自分のいた左側をチラリと確認。
そこには、特に何も無かった。


941 :本当にあった怖い名無し:2010/03/21(日) 16:32:13 ID:Mtt+keyT0

登山口に着いた頃には、気のせいだったと思い始めていた。
妙に腹が減ったので、近くの飲食店に直行。
客は俺以外におらず、時間的にも店が閉まるギリギリくらいだったと思う。
天丼大盛りと蕎麦を注文したが、店員の様子が少しおかしい。
「閉店前にKYだったか」と思っていると、厨房から男性が2人出て来た。
料理は持っておらず、年配の男性の方が開口一番言った。
「あんた、何して来た?」
「?」という顔をしている俺に、もう一人の中年男性の方が尋ねる。
「山で何か変な事なかったか?」
俺は、木の下で聞いた声の事を最初に思い出した。
その事を話すと、2人は納得した様子で厨房に戻って行った。
しばらくして、注文の料理+山菜の定食みたいなものが運ばれて来る。
不思議に思ったが、ペロリと完食した自分にも驚いた。


942 :本当にあった怖い名無し:2010/03/21(日) 16:46:46 ID:Mtt+keyT0

食事を終えた頃、ヨボヨボの婆さんが来店。
客かと思っていたが、再び厨房から年配の男性が来て、俺の方に婆さんを誘導した。
何事かと思っていると、婆さんは俺に向かって何やら祈祷をして、最後に背中を
思いっきり叩いて店を出て行った。
物凄い衝撃だったが、その割りに痛みは感じなかったのを覚えている。
ただ、満腹感もあってか、しばらくは動けず声も出なかった。

当然ながら、婆さんを店先で見送った年配の男性に、一連の出来事について尋ねた。
どうやら、俺には何かが憑いており、それがパッと見て分かったらしい。
正体は分からないが、「それ」は強い飢餓感を持っているのだという。
かなり昔から存在しており、婆さんはそれ専門の祈祷師みたいな役だった。
憑かれた奴の大半は、山中のお堂で悪さをした結果らしく、俺の様なケースは結構
珍しいものなんだとか。
「左ぃ」ってのは、左方向ではなく「ひだるい」という方言だった。
ひもじい、腹減ったという意味。


943 :本当にあった怖い名無し:2010/03/21(日) 16:57:44 ID:Mtt+keyT0

食事代は無料だった。
本来なら、注文分だけで2000円くらいだったのでラッキーだった。

それから、約半年後。
俺は再度同じ山に登った。
教えられたお堂の場所に食べ物を供えて、軽く御祈りして下山。
別に勧められたわけではなかったが、何故かそういう気分になって行った。
登山口の同じ店で食事に行くと、向こうも覚えていたらしく、俺がお供えを
して来たと言ったら食事を少しサービスしてくれた。
それ以後、半年~一年の周期で変なものを見る様になり、それを機に登山に
行くのが習慣になってしまった。


青い夜の底  小池真理子 怪奇幻想傑作選2 (角川ホラー文庫)
小池 真理子
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-11-25)
売り上げランキング: 157093

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

ラグーンエンジンて漫画にもこんなのいたなー有名なやつなんだろうか

2010年03月23日火 URL #- /編集

なんかやりきれない話だねぇ…
肉体を失いても飢餓感は残る、か

2010年03月23日火 URL   #- /編集

ひだる神ってやつかな
せつない話だわ

2010年03月24日水 URL #- /編集

うん、中々いいね。

『半年~一年の周期で変なものを見る様になり云々』
ここが気になって仕方ない。
その事を機に山に行かなくなると言うのなら分かるが・・・。

2010年03月24日水 URL えっくす #MCWqbLaQ /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。