日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義兄から聞いた話なんだが、修学旅行の時のこと。

159 :本当にあった怖い名無し:2010/02/10(水) 23:00:34 ID:PZPL0NwR0

義兄から聞いた話なんだが、修学旅行の時のこと。
古いホテル、一部屋にだいたい20人ずつが割り振られた
義兄が泊まった部屋の両隣も、というかその階の部屋全部、同じ学校の生徒が泊まっている
で、枕投げ等おきまりの行事も済んで、消灯就寝



どれくらい経ったのか、異様な気配に目が醒めた
それは壁の向こう側から押し寄せて来るような気配だったのだそうだ
壁の向こうは、もちろん別のクラスのヤツが布団を並べて寝ているはず
それがザッザッザッザッと、音ではなく、圧迫感のような気配が近づいてくる
義兄は怖くて、布団を頭から被り、目をギュッとつぶった
その気配は、向こう側から壁を通り越してこっちの部屋に入ってきた
ザッザッザッザッ。気配がやってくるに従って、壁に平行に寝ていた同級生たちが、
順々に、うっ!う゛っ!ぐっ!うっ!と、呻き声をあげていく
ついに自分の隣に寝ているヤツが、グッ!と変な声を上げた
と、いきなり誰かにドンっと自分の腹を踏みつけ、義兄もぐあっ!と声を上げた
そして反対隣のヤツが、ううっ!と声を上げ、その隣も、その隣も、呻き声を上げていった
それは波のように壁を通り越して、隣の部屋に抜けていった
翌朝、隣の部屋だった友達に昨夜のことを聞いたら、やっぱりその友達も踏みつけられたのだそうだ


標高二八〇〇米
標高二八〇〇米
posted with amazlet at 12.02.07
樋口明雄
徳間書店
売り上げランキング: 60277

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

う○こが漏れそうで目が覚めて、ふらつきながら
足場を確認せずに歩くと、こうなるかと。

川の字で寝てれば、そこを横切るのが最短コース。

よっぽど焦っていたのだと、物凄い切迫した気迫が伝わります。

2010年03月25日木 URL 通りすがり。 #- /編集

なるほど、う○こ我慢しながら歩けば壁も通り抜けられるのか。

2010年03月25日木 URL #- /編集

俺はSな幽霊かと
思った

2010年03月25日木 URL #- /編集

コメント読んでから本文見たら全然怖くなかった(笑)

2010年03月25日木 URL #- /編集

屁や糞で盛り上がりたいなら他所へ行け!

2010年03月25日木 URL えっくす #MCWqbLaQ /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。