日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数年前、水道管の水漏れ修理の仕事をしてた。

901 :本当にあった怖い名無し:2010/03/23(火) 01:21:44 ID:h9dx9VA80

数年前、水道管の水漏れ修理の仕事をしてた。
だいたいの水漏れってのは家の中で起きて、スグ気づくものだ、
これは修理もやりやすい。
イヤなのが床下で漏れててしばらく気づかなかった物件。



床下に水溜りができて、そこには特殊な生態系が。
「カマドウマ」って知ってる?毛の生えた気色悪いバッタみたいなヤツ。
アレは水に集まる性質があり、雨の少ないときだったりすると
実に広範囲から大量に結集しやがる。

床下点検口を開けるとヤツらが平方メートル辺り50匹は下らない勢いで
蠢いている、人様の敷地に床下帝国を築いてイイ気になっているのだ。
帝国には他に蜘蛛やゲジなど人気ワースト生物が軒並み揃うが、
カマドゥに比べれば脇役だ、数が違う。ゴキに至っては懐かしい地上の面影、
どちらかと言うと味方側の存在だ。


902 :本当にあった怖い名無し:2010/03/23(火) 01:23:38 ID:h9dx9VA80

床下に降りると、ヤツらは驚いて一斉にジャンプする、高さ1m以上。
これがイケナイ、驚きの対象から逃げようとすればいいのに、
適当に跳ぶもんだからこっちに向かって来るアホカマドゥが居る。
なんかもう歓迎の踊りっぽいのだ、不思議の国に誘うウサギ気分なのだ。
「久しぶりの人間ですよホホゥ」敬語キャラに決まってる。
顔近くに取り付くのもいるが、この時、手で払ってはいけない、
潰れて汁を出すから。放置しかできない、心に深い傷を負うかもしれないが、
体に臭い汁を負うよりはマシだ。
「ホントは浴びたいんじゃないですか?自分に素直になりなさいホホ」
的なことも言ってくるだろう。無視。

以前コウモリだかネズミの死骸をカマドゥが群れ成して食ってたのを見たが、
人間が床下に埋められたとしたら凄まじい光景になろう。
俺は怖がりだが、床下で後ろに幽霊がいたとしても、
怖がっている余裕がないだろう。ココに居れることに敬意は感じる。雇いたい。

一度家主が帝国の繁栄を見かねて、俺にバルサンを渡してきた事があった。
気色悪い思いをした俺はニヤリとして床下にそれを置いた。
後日、煙から逃れようとするカマドゥが床上に侵攻、
略奪陵辱の限りを尽くされたと家主が語った。すまない気持になった。


怪談実話 FKB 饗宴2 (恐怖文庫)
平山 夢明 安曇 潤平 神薫 宍戸 レイ 黒 史郎 松村 進吉 黒木 あるじ 幽戸 玄太 手塚 眞 高橋 ヨシキ 市原 克也 BBゴロー 我妻俊樹 円城 塔 朱野 帰子
竹書房
売り上げランキング: 203362


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

おそろしいw

2010年03月25日木 URL #- /編集

聞くと怖いけど、語る人が人なのか、
面白いとも思えるのが不思議だww
うん、頑張ってとしか言えん。

2010年03月25日木 URL #- /編集

カマドウマキモいけどウケるww

「ホホゥ」

2010年03月25日木 URL #- /編集

田舎の親戚のボットン便所によくいたなあ
あれそんなにキモイかねえ…
50匹も群れてたら大抵どんな虫でもキモイけど

2010年03月25日木 URL #- /編集

「本当にあった怖い話」じゃなくて「笑怖」カテゴリーじゃないのかw

2010年03月26日金 URL   #- /編集

カマドゥw

2010年03月26日金 URL #- /編集

最高!!!

2010年05月07日金 URL あ #- /編集

こええええぇ

2010年05月21日金 URL #Iq6t8OCQ /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。