日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドに集合して、そこからPL病院に向かったんだよ

6 :本当にあった怖い名無し:2010/03/24(水) 20:21:16 ID:vebVlqoL0

あんまり怖くない体験談だけどいいかな?


2007年くらいに大阪のPL病院ってのが新しくなって旧館が壊される事になったんだけど
「壊される前に肝試ししよう」ってなって、
6人くらいでマクドに集合して、そこからPL病院に向かったんだよ



PL病院は結構急な坂道の中腹辺りにあって、敷地内に入って右折するとPL病院がある感じ
6人みんな空いてる日が夏休みに今日しかなくて、その日は雨
PL病院は怖かったけど、雨に濡れるのも嫌なんで、急いで中に入った
多分、雨の音なんだけど、蛇口から水が滴ってる音がして少し怖い
でも「肝試しなんだし」って事で探索する事になった。

中は既に壊され気味で、3階なんか半分以上無い状態だった
それで、全部回ったと思って入り口のところに戻ってきたら、
すぐ右に地下に降りる階段があった。
これは行くしか無いって思って、携帯のライト照らしてみんなで降りていった。

下に降りるとすぐ壁があって右折。
地下だからだと思うけど、上とは全然違う場所ってくらい温度差があった。
右折すると長い廊下がまっすぐに続いてて、左右には所々扉がある感じ。
左右の扉は調べずにとりあえずまっすぐ進んでたんだけど
いきなり温度がサァっと下がった。


7 :本当にあった怖い名無し:2010/03/24(水) 20:22:38 ID:vebVlqoL0

空気の層って感じ。
そこから先の温度が極端に低い。
ビクっとして、前を見ると二つの部屋に分かれてて
何の部屋かはわからなかったけど左側の扉は開いてた。
扉の先の部屋には、TVの手術でよく見るメスとかを置く台(?)と
人が乗せれるくらい大きい台があった。

温度が下がった途端にこれはヤバイんじゃね?ってなって
みんなで上に上がって、そこで解散した。

それで、ここからは友達の話なんだけど
PL病院から帰る途中に変な人に声をかけられたらしい。
「君、何してた?」
友達は無視してたんだけど、通り過ぎて少ししてから
「右目を怪我した霊が憑いてるよ」
と言われたらしい。

その時は無視してたんだけどそれから約1週間、
その友達はいきなり右目から流血した。
(怪我とかじゃなくて、いきなり血が出てきた)
その後、バイクで事故して右目あたりを怪我。

そこからは右目に関しては何もないらしいんだけど
ほんとに幽霊が憑いてたのか、友達として怖かったという話。
あんま怖くなかったらごめんね


ジェローム神父―ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)
マルキ・ド・サド
平凡社
売り上げランキング: 89632

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

なんで病院に右目怪我した人がいたんだろう。
地下に降りる階段から落ちて亡くなったのかな?

2010年03月26日金 URL #- /編集

右目に怪我して搬送されただけじゃね

2010年03月26日金 URL #LhwO.LNM /編集

怖くないことより、文章の下手さとくどさにイラッとした。

2010年03月27日土 URL #- /編集

それでは読みやすく簡潔に訂正してください。

2010年03月27日土 URL    #- /編集

うぉっ?
ごめんなさーい!
まいりましたm(_ _)m

2010年03月27日土 URL #- /編集

こわいんだね

2010年03月27日土 URL ただの少女 #FsvQqB6M /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。