日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が小学生のとき、家族で長野の旅館に泊まった

184 :本当にあった怖い名無し:2010/03/25(木) 01:13:24 ID:hx+BM4oH0

自分が小学生のとき、家族で長野の旅館に泊まった
部屋に入ったとたん、母がなんかこの部屋イヤだと言い出した
部屋を見回してた母が、壁に変なシミがあるというので自分も見てみた
なんか茶色い飛沫みたいなシミだった



母の様子に、自分もなんか不安になってきたが、父は全く気にしていないようで
そんなのただのシミ、気のせいだって感じで母をなだめて
そのままご飯とかお風呂で就寝、となった
どのくらい時間たったか、いきなり非常ベルの音で目が覚めた
自分と母はすぐ起きたが、父は誰かの目覚ましだろ?って言ってまた寝ようとした
火事だったら間違いなく死んでると思う
キレた母が父を無理やり起こして、外を見に行かせた
となりの部屋の人と父とが、どうしたんでしょうね?とか話してる声が聞こえた
しばらくして鳴り止んで、父が戻ってきた
どうも誰かのイタズラらしいとのことだった
そしてまた寝たんだが、いきなりだった
天井からものすごい男のうなり声がする。んーーって、すごい低い声
聞いたことないのに、武士の声だって思った
あまりの音量に、天井がビンビンゆってる
半泣きになって、変な声がするよってとなりの母ゆすったら、
何も聞こえない、寝なさい!!みたいな感じで怒られた
うなってる声がでかすぎて、母の声はとぎれとぎれに聞こえた
涙目になって、ふとん頭からかぶって声に耐えていたら、いつのまにか寝てた
朝、仲居さんが非常ベルのこと話してて、イタズラにしては不自然なんですとか親と話してた

今でも、なんであのでかいうなり声が母に聞こえなかったのかわからない
霊なら怖いとかゆってた母にいくべきだと思うし、理不尽だと思う
死ぬほど怖かったし、今でもあの声は忘れられない
旅館の名前は親に聞いたらわかるけど、やめておく


黒祠の島 (新潮文庫)
黒祠の島 (新潮文庫)
posted with amazlet at 12.02.10
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 104528

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

聞けよ

2010年03月29日月 URL 呪 #- /編集

ゆう、って書くやつだけは許せない。

2010年03月29日月 URL #- /編集

長野か、旅館名はそれだけ凄い場所なら
どこだったか、バスガイドなどが伏字だけど
公開してるサイトがあったな、確か。
(レベル分けで霊体験が出来るぞ~って感じで。)


一言お断りを伝えてから、部屋を利用すると
割とマシなレベルで利用できますよ。
言う相手はその得体の知れない、主ね。

それでも最悪は部屋替えだけどw

2010年03月29日月 URL 通りすがり。 #- /編集

 これとそくっりな体験したことある!!
 うなり声じゃなくて鈴だったけど・・・
 小学生の時だったかな?

2010年03月30日火 URL コワイコワイなー #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。