日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで知り合った人たちとオフ会があって、

336 :1:2010/03/05(金) 18:23:14 ID:gvtnR7180

ネットで知り合った人たちとオフ会があって、
自分一人暮らしだったんでうちに泊まることになったんだよ。
夜寝ようってことになって、電気は消して、夏だったから布団は腹にだけかけてゴロゴロしてた。
一人だけ怖い話しがめっぽうだめなやつがいて、
そいつを怯えさせてやろうって感じで、自然とそれぞれ怖い話しをしはじめたんだ。
はじめた瞬間怯えだすそいつが楽しくて、最初のうちはからかって遊んでたんだ。



で、一人が実際に体験した怖い話しをしだしたんだが、その内容が本当に恐ろしかった。
今までからかって遊んでたのに、皆すぐにシーンと聞き入ってた。
その話しが終わりがけで一番怖い部分に来た時、足元がスッと寒くなったんだ。
冷房つけてた訳じゃない。窓は開いてたけど
真夏の夜に冷房のような風が足元にだけ当たるはずはない。
本格的に怖くなって、でも怖がってるって思われたくなくて黙ってたんだよね。

話しが終わって皆口々に感想言い合ってる時に、一人が
「話しの終わりのほうで足元寒くなった」
って言い出したんだ。
それって自分が感じたのと一緒。
そしたらその場にいた皆同じタイミングで足元が寒くなっていたことが分かった。


337 :2:2010/03/05(金) 18:24:53 ID:gvtnR7180

その場に霊感が強い?人が二人いて、一人はその実体験を話していた人だったんだけど、
「怖い話しとかして皆怖がってると、寄ってくるからね」
「霊は楽しそうな明るい音楽が嫌いなんだよ」
って言ってくれたので、その日は明るい音楽をかけてそのまま寝た。

実際は恐ろしくて眠れなかったんだけどねwww
怖がりのやつは話しの途中でふて腐れて、聞かないようにして寝てたw


後日皆が帰った後その霊感強いやつの一人に話し聞いたんだけど、
うちロフトがあって、ロフトには梯子じゃなくて階段が付いてるんだ。
木の階段で結構古いから、上り下りするとギシギシ結構大きい音がする。
その日皆が寝てる時、その階段を上り下りしてるやつがいたそうだ。
上る時はゆっくり、降りる時はダダダダダッて駆け下りてくんだって。
嘘だろwwwって思ってもう一人にも聞いてみたら、確かにいたらしい。
自分は音なんか聞こえなかった。もちろんその後も聞こえない。
そんな話ししたら一人で住んでる自分が怖がると思って話さなかったそうだw

そういえば部屋は最上階なのに、よく天井から足音とか聞こえたりとかしたから、
やっぱり何かいるのかもしれん。
自分に害がなければまったく気にならないんだがねー。


以上。つまらん話ですまん。


死霊列車 (角川ホラー文庫)
北上 秋彦
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 123847

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

思ったんだが、そのオフ会自体の話より
話の中で話してた怖い実体験が聞きたかった。

2010年04月08日木 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。