日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔、民間の旅客機と自衛隊機が上空で衝突して、

8 :地蔵:2010/03/29(月) 16:51:16 ID:82xGF21Y0

昔、民間の旅客機と自衛隊機が上空で衝突して、乗客成員が死亡したっ
ていう事件があったでしょ、場所は東北だけどさ。
かなりの高度で衝突したから、機体の破片と乗客の遺体は地上の広範囲
にバラまかれてしまって、遺体の収容が大変だったってやつ。



遺体と機体が落下したその場所って、関東圏でもかなり有名なスキー場
になっている。地元民は落下したあたりの山には今でもあまり入りたが
らないよ。

でも、俺らも若くてバカだったから、18のとき夏休みに友達と3人で出
かけていたんだ、夜の墜落現場に。
遺体が一番落ちたって言われてる場所は山の中腹あたりで、車で入れる
ところから普通に歩ける作業用の林道を歩いて20分くらいのとこだった。

続く


9 :地蔵:2010/03/29(月) 16:55:00 ID:82xGF21Y0

真っ暗な道だったけど、2人の友達とバカ話しながら歩いていってすぐ
についた。懐中電灯でそこらへんを照らしてみたけど、夜の森と山の不
気味さ以外は、特に何も感じなかった。

そのうち友達の1人が「ウンコしてえ」って言い出して、林道沿いの小
さな沢のほうに用をたすために下りていったんだ、俺らとの距離は10m
くらいだったかな。いくら夜の山っていっても、月明かりがあって、
目が慣れれば周りの景色くらいはわかるから、ウンコにいったそいつ
もそんなに心配してはいなかった。

そんで俺らも当然のように「隠れるか?」って2人でウンコにいった
そいつをからかう計画をたてたわけ。計画って言うほど大袈裟じゃな
いけど、林道の脇にあった大きな岩の陰に隠れて驚かそうとしたんだ。

俺らが隠れてすぐに用をたしたそいつが戻ってきたんだけど、
あんがい落ちついてて「あれ、どこにいんの?」なんて言ってるんだ。
そんで「なんだ、つまんねえなあ」なんて思って隠れてた俺らが
出て行こうとしたら、そいつが「なんだ、そこにいたの?」って
言って俺らの隠れてた岩とは全然違う方向の林のほうに進んでいくわけ。


10 :地蔵:2010/03/29(月) 16:57:04 ID:82xGF21Y0

「あいつバカじゃねえかあ?」って隠れてた俺らは最初笑ってたん
だけど、そいつは明らかに道でもない林の中にどんどん進んでいく
んだ。
隠れてた俺ら2人もさすがに「おかしいな」って思って、
岩の陰から出ていって「お前なにやってんの?」って声かけたんだ。

聞こえてないはずはないんだけど、そいつは返事もしないで
そのまま林の中を進んでいくし、わけわかんないことくちば
しってるし、「本格的にマズい」と思った俺ら2人は走って
そいつを追いかけたんだ。

暗くて足場が悪かったから、2,3回転びそうになったけど、
20mくらい走って追いついて「おい! お前なにやってんだよ!」
って捕まえて怒鳴ったら「あれ? あっちにいたんじゃないの?」
って林の奥のほうを指差すわけ。もう、俺らもわけわかんなくなって
「いいから、帰るぞ!」って言ってさっさと車のある駐車場まで
戻って家までいそいで帰ったよ。

~完~

赫眼 (光文社文庫)
赫眼 (光文社文庫)
posted with amazlet at 12.02.10
三津田 信三
光文社
売り上げランキング: 28368

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

コレか?

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%97%A5%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E9%9B%AB%E7%9F%B3%E8%A1%9D%E7%AA%81%E4%BA%8B%E6%95%85

2010年03月30日火 URL #- /編集

怖いような、なにか虚しいような…

2010年03月30日火 URL #- /編集

怖いんだけど、終わり方が唐突すぎるよね…もったいない。

2010年03月30日火 URL #- /編集

全日空機雫石衝突事故だね。

2010年03月31日水 URL コワイコワイなー #- /編集

ちゃんと拭いたか!

2010年04月02日金 URL #- /編集

慰霊の森は絶対ヤバいって。私も若い頃に行ったけれど、頂上に行く途中の登山道で、森の中がピカピカ光っていて、最初はホタルかな~とか思ったけど、光り方が尋常じゃなく、工事中のライトのように凄く光っていたので、途中で引き返した経験があります。それと、別の日に頂上の慰霊碑まで登ったんですが、線香がいっぱい立ててあったんで、誰が拝みにきたんだな~と思っていたのですが、良く見たら、線香は火を付けたばかりの状態でした。登山道は1本しかなく、誰か線香を付けたなら、途中ですれ違うはずですが、誰ともすれ違わなかったので、寒気がした覚えがあります。ちなみに、登山道は前述の通り1本しかなく、後は森の中に入って帰るしかないような所です。その他にも、語れば1晩掛る位の話を知っています。

2010年04月03日土 URL nao #- /編集

怖いもの見たさで慰霊の森(この航空機事故現場)に一人で行ってみたんだが、途中で事件の詳細の説明書きとか頂上の石碑とか被害者の名前とか見て、こんな痛ましい事件があったんだな~二度と起こらぬよう戒め、わすれてはならんな~と普通に拝んで帰り、歴史勉強的な観光気分で終了しました。

全くもって心霊現象の類は何も起きませんでした。

霊感が無いからかもしれませんがね。

この航空機事故の被害者のご家族が今でも毎年のように他県からお参りに来ているようで、参拝帳簿みたいな物を見てわかりました。

ご家族の方からすれば、亡くなった親族の祟りだの心霊現象だの言われ、心霊スポットにされるのは決して気分が良いものではないでしょう。

少なくとも私が訪れて感じとったことはこのくらいです。

162名のご冥福をお祈りいたします。

2010年08月18日水 URL #ncVW9ZjY /編集

そこなら俺も知ってる、
てかオトンが地元の消防団だったからよく覚えてる。

2013年03月23日土 URL NN #wrB61YYk /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。