FC2ブログ

日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

とどめ

14 :とどめ ◆3YDTaQSync :2007/06/03(日) 01:30:00 ID:/jdhKP62O

ゴールデンウィークの事でした。
地元の山岳会に所属している私は、同じ会の仲間数人と泊まりがけでK岳へ登山へ行きました。
途中にある山小屋で一泊し、翌日の朝に山頂を目指す計画になっていました。
二日目、山の尾根を歩いていると仲間の一人が強風に煽られ滑落してしまいました。
300メートルは落ちていったでしょうか、
(だめかな)と思ったのですが、奇跡的に助かったようで、
手を挙げてこっちらに助けを求めているようでした。
私たちは慎重に砂利の斜面を下っていきました。
途中には生々しい血の帯がついていました。
仲間の元へたどり着いた私たちは息を呑みました。
生きているのですが、頭蓋骨が滑落の摩擦で削れてしまっていて、
脳が向きだしになっています。
落ちた仲間は「う…あ…」と弱々しい声を出していました。
私は一応リーダーでしたので、他の仲間の了解をとって、そのあたりに生えている木の枝を折って、
滑落した仲間の脳に突き刺し、数回かき回しました。
しばらくするとピクリとも動かなくなったので、
山岳救助隊に無線を入れてヘリを飛ばしてもらいました。
もう絶対助からない人間にとどめを刺すのは、山では常識的に行われています。
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

そんな常識って・・・・・

2007年07月21日土 URL 万有引力 #uEXqy11M /編集

山登りがナイフ持ってないの?

2007年07月27日金 URL #- /編集

見殺しにするのはあるけど、とどめを指すのは殺人になるよね。
脳みそかき回された死体を見て、救助隊がなんて言うか・・・

2007年07月29日日 URL #- /編集

エレベストだと、死体を運ぶのが難しいので登山者がその場で埋葬すると聞いたことがある。

2007年07月29日日 URL アール・アール #- /編集

↑エベレストのこと?

2007年08月03日金 URL ニョッキ #- /編集

ロッククライミングなんかでは滑落とかした場合、
「上にいる者はできる限りの努力をしろ」
「落ちた者は上の者を救うつもりでロープを切れ」
って言うのを聞いたことがある。

2007年08月18日土 URL 名無し!!(群馬県) #- /編集

脳がむき出しになった程度なら、今の医療で助かると思うけど…

2007年09月20日木 URL #- /編集

↑この話の初見の時、「現代の医療なら充分助かった可能性も有るのに、素人の勝手な判断で殺しちゃった」って言うのも含めて後味悪い話だと受け取ったけどなぁ。

まぁいつの時代の話かわからないけど。でも昔々の話だったら「現代なら助かったかもしれないのに…」というどっちにしろ後味悪いというダブルバインド。

2007年11月06日火 URL #HuBhO90w /編集

一応言っておくと、脳自体は痛みを感じない。
でも、だからって正しいとか間違ってるとかは
分からないけどな。
とりあえず、山に登るヤツはそういうことを覚悟してると思うぜ。

2010年02月22日月 URL #- /編集

怖いどんなとどめだよ

2011年10月08日土 URL nonko #- /編集

>>#HuBhO90w
まぁいつの時代の話かわからないけど。でも昔々の話だったら「現代なら助かったかもしれないのに…」というどっちにしろ後味悪いというダブルバインド。

昔の医学でも余裕で助かったぞ?
インカのシャーマンやモンサンミッシャエルの穴空き
神父とか…トレパネーションは古代からある。
まあ、実話としても昔の医学教養の無い一般人か
後遺症残って生きるのが残酷だと予想した連中が隠
れてやったって事だろうか?

2012年07月09日月 URL 名無しさん@ニュース2ちゃん #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)