日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知り合いの話なんだが一応実話を一つ

492 :本当にあった怖い名無し:2010/04/01(木) 03:14:19 ID:I881CISH0

知り合いの話なんだが一応実話を一つ
この手のスレを見てる人には生ぬるいかも知れんが俺は怖かったので
文法構成力ないんで読みにくいかもしれませんがそれでも良ければ・・・

俺の知り合い(Tとする)がある日友達(Bとする)の家に複数人で泊まりに行ったんだそうだ



Bの家は最近引っ越したらしく、軽いお披露目会のようなものだった
しばらくはみんなでボードゲーム等していたのだが
深夜0時を回った辺りで各々漫画を読んだり好きなことをしていた中Bがトイレに立ち上がった
しかし何十分経っても戻ってこない、大の方にしても遅すぎる
Tは少し不安になり読んでいた漫画から目を離し
あいつ遅いなと周りの友達に言おうとした、しかしその言葉は喉で止まった
トイレに行ったはずのBが部屋に居るのだ

おかしい、目の端ではあったが確かにBがトイレに行くのを見かけた
何より部屋のドアを開けて閉める音さえ記憶している
怖くなったTはBに、お前さっきトイレに行かなかった?と聞いた
周りの友達もどうやらドアの音を聞いていたようで
俺もBがトイレに行ったと思ってたと言った
当のBはずっと部屋に居たと言うのだが、部屋を出るドアの音はBも聞いたのだと言う
つまりドアは間違いなく開けられ、そしてその音を部屋に居る全員が聞いている
だが部屋に居る人の人数は変わっていない、あの時一体誰が出たのだろうか?
結局その夜は怖くなってしばらくして寝たらしいのだが
寝ている最中も電球がチカチカしたり自分達以外の人の気配を感じたり
なかなか眠れなかったらしい

その日はそれで終わったが、それ以降も日常でもそういう現象が度々起こるようになった
親や兄弟が居るリビング等でも「自分達以外の誰か」が部屋から出る音を聞いたりするようになった
他にも小さい怪奇現象も起きるのでさすがにBの両親も不安になって
ツテで霊感のある人に家を見てもらったところ
どういう調べ方をしたのかまでは聞いてないが
Bの家は鬼門の方向に建っていたそうだ
結局、Bの家族は1年程してまた引っ越したらしい


よもつひらさか (集英社文庫)
今邑 彩
集英社
売り上げランキング: 29354

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

あるある

2010年04月02日金 URL 呪 #- /編集

鬼門の方向って、何から見て鬼門の方向だったんだ?
東北地方の家なんてみんな鬼門の方向になっちまうよ

2010年04月03日土 URL #- /編集

確かにどこから見ての鬼門なのか、よくわからないね(>_<)
現象から推測すると、鬼門というより霊道っぽい…
神社やお寺とお墓の間の土地は、霊の通り道になりやすいらしいよ

2010年04月03日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。