日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親が小学生のころ体験した話。

289 :本当にあった怖い名無し:2010/04/02(金) 13:17:49 ID:ZMAAmSTd0

怖い話っていうより不思議な話かもしれん。
母親が小学生のころ体験した話。

母親には当時結構仲のいい友達(Aちゃんとしておく)がいたんだが、
夏休みのある日に、Aちゃんの家に遊びに行ったそうだ。
玄関をノックすると、Aちゃんの母親がでてきた。



「Aちゃんいますか?」とうちの母が聞くと、Aちゃんの母親は
「Aならさっき部活から帰ってきたところ。台所で水飲んでるの見たから、ちょっと呼んでくる」
と答えて、家の中に戻っていった。(Aちゃんは小学校のソフトボール部に入部していた)
ところが数分して、Aちゃんの母親だけが戻ってきた。
Aちゃんが家のどこにもいないという。
最初はAちゃんの母親の見間違いじゃないか、って話になったんだが、
Aちゃんのおばさん(一緒に住んでた)もAちゃんが水を飲んでたのを見たって言う。
結局、Aちゃんは水を飲みに部活から一旦帰ってきて、また部活に行った、ってことで落ち着いて、
母親は家に帰った。でも、Aちゃんの家から小学校まで歩いて40分はかかるのに
わざわざ帰ってくるのか、と母親は不思議に思ってた。

それから数日して、母親は再びAちゃんの家に遊びに行った。
そのときにはAちゃんはいた。Aちゃんの部屋で遊んでいるとき、
母親はAちゃんに、なんでわざわざ家に帰ってきたのか聞いた。
するとAちゃんはこんな風に答えたそうだ。
「それお母さんにも聞かれたんだけどね、あたしずっと学校にいたんだよ。
あの日はすっごく暑かったんだけど練習があったから水も飲めなくて、
ほんとに喉がかわいて大変だったんだ。飲めたら飲みたかったよ、水」

うちの母親はオカルトとかそういう話は信じないタイプで、
不思議なことがあっても何かしらの理由をつけて納得しちゃうタイプなんだけど、
この話だけはどうにも納得がいかないそうだ。


幽霊詐欺師ミチヲ2  招かざる紳士淑女たち (角川ホラー文庫)
黒 史郎
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-09-23)
売り上げランキング: 358877

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

これとよく似た話し聞いたことあるよ。
娘が職場にいるはずの時間にうちにいるのを母親が見かけるんだけど、数分後には忽然と姿が消えてた。
夜に帰宅した娘に話すと、確かにその時間は職場にいたけど、急な腹痛に襲われ「家に帰りたいな~」って、すごく思ってたんだって。
何だろうね、こういうのって…

2010年04月04日日 URL #- /編集

テレポートですか?

2010年04月04日日 URL #- /編集

念、生霊の類か。

2010年04月05日月 URL 通りすがり。 #- /編集

 浮体離脱ー

2010年04月05日月 URL コワイコワイなー #- /編集

へーそんなことできるんだ

2010年04月05日月 URL ただの少女 #- /編集

強い念って飛ぶって話聞くよね。

確か、「トイレしたい!」って、
死に物狂いでトイレに駆け込んだら、
自分がそこで、既に用を足していて、
驚いて間に合わなかったとか言う、
コントオカルトな話もあったな。

2010年04月08日木 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。