日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何気ない偶然が後に必然だと気づいた事ってありますか?

551 :必然1:2010/04/02(金) 04:37:04 ID:KLR+oCQv0

必然

皆さんは何気ない偶然が後に必然だと気づいた事ってありますか?

某地方国立大学の大学院生をやっています
以前からこのスレを見ることはあったけど、
僕は文章を書くのが苦手だし正直書くか書くまいか悩んでた
人の運命ってのは偶然っていう必然性の中に囚われている様な気がしてならない
少なくとも僕達姉弟はそれぞれ変わった経験をしながら生き
僕はそれをいつも眺めているだけしかできなかった
だから何かできることは無いか考え
誰かに伝えるべきなのかもしれないという結論に至ったんだ


ドールズ 月下天使 (角川文庫)
高橋 克彦
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-09-23)
売り上げランキング: 25782

552 :必然2:2010/04/02(金) 04:38:15 ID:KLR+oCQv0

僕の曾祖母は生前とても霊感の強い方と言われてました
僕の二人の姉も子供の頃霊感があったらしい
曾祖母の土地にはオシラサマを祭っていたそうなので
確かな話なんだと思っています
しかし理系人間の僕はあまり幽霊だとかの存在は信じてません
それ故に逆にこの手の話はたまらないですし、そういった映画も良く見ます
ゾワゾワくる感じはたまらないw
それでも、どうしても納得のいかない体験がある


553 :必然3:2010/04/02(金) 04:41:56 ID:KLR+oCQv0

あれは中学校に入学して、学校から配布された日記の三日目を書いた日に起きた事だった
その日、夕方、買い物から帰ってきた高校生の真ん中の姉は何故か茫然としてた
「あのさ…」
今にも泣きだし徐に口を開く姉
「人が死ぬとこ見た…」


554 :必然4:2010/04/02(金) 04:43:38 ID:KLR+oCQv0

上の姉は「マジで?」と言いながら真ん中の姉を抱きしめた
あの日も僕は何もできずただそれを見ていた
「ゆっくり話してごらん?楽になるから」と上の姉は言った
「あそこの横断歩道のところの…電車で…」
そうしゃべると姉はヒステリックに泣きじゃくった

田舎の人は分かるかもしれないけど僕の街のには踏切のない線路がある
線路は繁華街と住宅街を丁度遮るように掛けられているもんだから
その上を人が通る事なんて日常茶飯事だった
僕の知ってる限りで、そこで電車にはねられた人は三人いる
その一人を姉が目撃してしまったということだ
被害者は姉と同じ高校の人で自転車で横断中に電車に跳ねられ亡くなったそうだ
死後痙攣はなく即死、ひどい顔をしてたと
当時の僕にはグロテスクな話だった

姉は事故発生時、間違いなく第一発見者の一人だったと思うが
気が動転してしまい、買い物をしてそのまま帰ってきてしまったらしい
ドジで残念な姉だw

夕食までの間、僕たち姉弟は三人で泣き
母は気を利かせて美味しそうなご飯を作ってくれた
少し落ち着いてから僕は習い事の稽古に行くことにした

僕は稽古に夢中になり、そんな事なんてすっかり忘れてしまっていた


555 :必然5:2010/04/02(金) 04:44:56 ID:KLR+oCQv0

稽古が終わると父が向えに来てくれた
コンビニに寄ってから
家に帰る手前の橋を渡る途中、僕は面白いものをみた

それは空から山の奥にゆっくりと降りてきてしかも明らかに高い位置にいた
四月だから花火はあり得ないし余りにも落下速度が遅すぎたし
流星にしては明るすぎる
なにより「それ」はオタマジャクシみたく尾を引いていた
打ち上げ花火を丁度逆に上げたみたいな感じ
距離からして尺玉位の大きさだ、絶対におかしい
僕は驚いて父にあれはなんだ?と尋ねた
父は咄嗟に車のブレーキを踏んでそれをみて
「何だあれ?」と繰り返した

父と僕は好奇心に狩られてその光が落ちた辺りを捜しに行ったんだ
それくらい不思議な物だった
30分程度探したけれど花火をしてる様子もなく
僕たちは諦めて家に帰り
本当に何だったんだと首を傾げながら
宿題を済ませ、日記を書いて寝た
とても不思議な日だった


556 :必然6:2010/04/02(金) 04:48:31 ID:KLR+oCQv0

次の日、運命が唐突にフラグを回収しにきた
母は妙に落ち着きが無かった
父が見つけた新聞記事を読んだからだ
見慣れた住所と見慣れた名字
そして、予感は的中
電話を片手に母は泣き崩れた

姉が見た高校生は僕らにとっての二従兄弟にあたった
直接話した事はなかったけれど、近くに住んでいるし
少なからず我が家とも関わりのある人だった
中学では先生達も葬式に向かい
映画とかドラマとかでもないのにそういうことって普通にあるんだと思った
僕は例の如くただの傍観者に過ぎなかったけどね
とにかく最悪の事故だった


559 :必然後日談:2010/04/02(金) 05:16:50 ID:KLR+oCQv0

僕は帰省する度に父と話す
僕達の見た光は
なんだったのかと
そして僕はある事に気がつき
たどる記憶と共にもしやと父に確認を取った
すると父は静かに
「あぁ、そうだ」と頷いた



あの光が落ちた付近
父と僕が「それ」を探した辺りというのが
まさに亡くなった彼の家の付近だった

あれは本当に気持ちが悪かった
しかも目撃者が二人いる
当然友人は誰も信じなかったけどね

以上、理系の僕にとって納得できない経験でした
長文失礼
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

内容よりも文章がオカルトだな…。

2010年04月06日火 URL   #- /編集

確かに~。理系の人の文章って無駄に硬いんだよね~。ヤだわ、全く。
それに、この話を偶然やら必然やらの運命論にむすびつけるのは無理矢理すぎだと私は思う。

2010年04月07日水 URL わか #- /編集

オシラサマを祀る家って…
オシラサマは遠野地方の養蚕の神様の事で物の怪の類ではないんですけど…
養蚕をやっていただけなんじゃ?

2010年04月07日水 URL #- /編集

頑張ったんだよ!
そこを評価してあげようよ!!

2010年04月07日水 URL #- /編集

オシラサマって何?
あと、これは何を偶然でなく必然だったと言ってるの?
ごめんなさい、理解できません

2010年04月07日水 URL #- /編集

理系の大学院生なら論文読み書きしている筈だから、解りやすく文章書けると思うんだがまさかなぁ

2010年04月08日木 URL #- /編集

いくら田舎でもコンビニはあるんだな

2010年04月08日木 URL #- /編集

>某地方国立大学の大学院生をやっています
物語の内容にも絡んで無いし、
初っ端から変なハードル上げすぎ。
残念すぎる

2010年04月08日木 URL #- /編集

某国立大学の大学院生で~すwしかも文系。…ってか論文の形式に捕らわれてるから文章が堅苦しくなるの!何かを伝えたいと思ったら、内容や伝える対象に応じて自分で工夫していかなきゃダメよ~。

2010年04月09日金 URL わか #- /編集

文章がすごいねw
無駄が多すぎてなんかの暗号かもしれないと勘繰ってしまう。

2010年04月09日金 URL #- /編集

論文形式でもないし、堅苦しく書けばそう見えると勘違いしちゃったんかねw

2010年04月09日金 URL #- /編集

つまり姉が見た高校生は二従兄弟であり 父親と見た光が二従兄弟の家の方に落ちて行ったと言う事
これらの重なりが必然に思えたとの話か
確かに必然であるかの様に思えるね
ただ理系ならでは、の光の物体に付いての自論を展開して欲しかった

2010年04月09日金 URL  g #vFD0z6DM /編集

アホかっ(-o-)ノそんな持論展開されたら、余計にうっとおしぃなるやろが!

2010年04月10日土 URL #- /編集

運命なんて弱者のレスキュー

2010年04月29日木 URL #- /編集

最後ぞわっとしたw

2010年09月04日土 URL #- /編集

『誰かに伝えるべきなのかもしれないという結論に至ったんだ』

伝えられても困るのだが。

2010年09月24日金 URL #- /編集

前置きの割に内容薄いな

2010年10月26日火 URL #- /編集

死後痙攣はなく即死

なんだろこの無駄な一文。なにを表現したい文章なんだろうか。
国立大学とかも疑ってしまうよ。

2011年06月19日日 URL う #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。