日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元の山で遭難者が出た。

31 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/03(土) 21:37:13 ID:Jf276H900

知り合いの話。

地元の山で遭難者が出た。
単独山に入っていて、突然の大吹雪で山を下りられなくなっらものらしい。
天候等の状況からして生存は厳しいと思われたが、二日後無事に保護された。
どうやって寒さを凌いだのか尋ねると、顔を顰めて答えたくない様子を見せる。
しつこく問い質したところ、おかしなことを言い出した。



「吹雪の中で彷徨っていると、唐突に、有り得ない物に出会したんです。
 赤い布団が雪の上にポッコリと盛り上がっている、そんな物体が目の前に現れた。
 炬燵でした。布団を捲ると中はほっこりと暖かかったんです。
 だから必死で中に潜り込んで、雪を避けたんですが。
 いつの間にか、つい寝てしまって・・・目が覚めると、吹雪は止んでました。
 這い出してから下ってるところを皆さんに助けて頂いたと、そういう訳で。
 ・・・信じて貰えるとは、思ってませんけど」

皆が何とも言えない顔をしていると、最年長の山男がこう漏らした。
「炬燵で良かったなぁ。カマクラだったら山に取られてた」

結局、炬燵の話は聞かなかったことにして、この件は幕を下ろしたのだという。


殺人鬼  ‐‐覚醒篇 (角川文庫)
綾辻 行人
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-08-25)
売り上げランキング: 45523

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

炬燵
↑なんて読むの?コタツ?
すいませんゆとりなもので

2010年04月07日水 URL #- /編集

ピンポンピンポン~♪

2010年04月07日水 URL わか #- /編集

何なに?山男たちの間ではよくあることなの??

2010年04月07日水 URL #- /編集

……そういえば、雪の上にあるはずなのに、
何故炬燵の中が暖かいのだろう。

暖かいのなら下の雪は解けていくはずだし、
逆に、雪が解けていないのなら、実は中は暖かくなかった(吹雪を凌げただけ)のかもしれないけれど、
そうすると「中はほっこり暖かかった」という発言と矛盾する。

つまり、どっちかが、あるいは両方がおかしいことになるのでは?

2010年04月07日水 URL #- /編集

いやいや‥…雪がどうこうと言うかどっから電源ひっぱった?って話。

2010年04月08日木 URL #- /編集

いやいや、電源も何もほんとに炬燵があったわけじゃないだろ?
もののけ的な何かなのかな?

2010年04月08日木 URL #- /編集

昔は、石炭焚いたコタツとかあったみたい。
よく、ネコはコタツで丸くなって、
一酸化炭素中毒で、青くなって出てきたという話も聞いたとか。

今みたいに、赤外線ビカビカなのは、結構新しい部類。

2010年04月08日木 URL #- /編集

こりゃ多分迷い家の類じゃないか?

2010年04月15日木 URL 物体X #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。