FC2ブログ

日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活の帰り道、薄暗い里道を一人歩いていた。

40 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/06(火) 20:37:26 ID:qFpKRZVb0

同級生の話。

部活の帰り道、薄暗い里道を一人歩いていた。
何気なく目をやった山の斜面に、古びて苔生した石段が伸びている。



「あれ? こんな所に山へ入る口なんて無かったはずだけど」

どこへ続いているんだろうと興味を覚え、その石段を登り始めた。
中程まで達した辺りで、突然足下の固い感触が消失した。
慌てたが踏ん張ることも出来ずに、そのまま道の面まで転がり落ちてしまう。

痛てて、と身体の彼方此方をさすりながら、石段の方を見上げてみた。
石段などどこにも見当たらず、斜面は一面の熊笹で覆われていたという。


百蛇堂 (講談社ノベルス)
三津田 信三
講談社
売り上げランキング: 112777

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

思念物質化現象ですか

2010年04月09日金 URL #- /編集

戻されたね、資格なしって事で。

2010年04月09日金 URL 通りすがり。 #- /編集

更新ペースダウン

2010年04月09日金 URL #- /編集

狐に化かされたってんじゃないかね

2010年04月10日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。