日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五歳の時、姉の七五三の打ち合わせに母と祖母の家に行きました。

636 :本当にあった怖い名無し:2010/04/07(水) 10:27:57 ID:yIo4Rywl0

自分の体験談。
だがまるっと覚えてなくて親から聞いた話。

五歳の時、姉の七五三の打ち合わせに母と祖母の家に行きました。
その帰り道、私がしきりに「(私)も着物が着たい」と言い始めたそうです。



その理由が、「チヨ(キヨ?)ちゃんがかわいそうだから」とのこと。
驚いて詳しく聞くと、
「倉をのぞきにいったら、着物を着た女の子がいて遊んでくれた。
お手玉や紙人形を貸してくれた。でも鬼ごっこしようっていったら、
お着物が重いから走れないと断られた。誰かが代わりに着てくれないと
脱げないというので、(私)が代わりに着てあげる約束をした」
とのことでした。
つくり話かとも思ったそうですが、
「チヨちゃん、ずっとおきもの着てるんだって!
 『ひゃくまんねんぐらい?』ってきいたら、『百万年は着てない、
 60年ぐらい』って言ってた」
と妙にリアリティのある話をするので怖くなり、
「(私)ちゃんはもうお着物あるからそれは着てあげられないよ」
と説得し、急遽着物をあつらえ私も七五三のお祝いをしたそうです。

アルバムを見ていて、何故私だけ五歳の七五三写真があるのか
不思議に思って聞いたらこんな話を聞かされ、今更ビビリまくってます。
ちなみに当時、祖母の家から半径数キロ以内に小さな女の子がいる家は
なかったそうです。
そんな怖い約束は無効になっていますように!!!


狂奇実話 穽 (おとしあな) (恐怖文庫)
黒木 あるじ
竹書房
売り上げランキング: 132589

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

けっこう怖い…

2010年04月10日土 URL #- /編集

座敷童子は
その家の子供を誘い出して、
入れ替わり、その家の子供として暮らすって話があったな。

もちろん入れ替わられた子供は座敷童子になって
新しい子供が来るのを待ち続けるんだけども…

2010年04月11日日 URL #- /編集

そういう怖い座敷わらしもいるんだ!?
座敷わらしって、その家に福をもたらすいい神様(妖怪?)だと思ってた!

2010年04月11日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。