日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと入院していた義母が他界したので

725 :本当にあった怖い名無し:2010/04/09(金) 20:34:30 ID:s+FrQ3Tt0

ずっと入院していた義母が他界したので
義弟夫婦と夫の四人で義実家の整理に行った。
隣の家まで歩いて10分と言う土田舎。
電気も水道も止めて貰ってたので、色々手続きが面倒だった。



私と義妹で家の片付け、夫と義弟がご近所さんへの挨拶回り。
昔庄屋だった義実家は、戦前は何人も奉公人が住み込んでいただけあり
部屋数も多く、とにかく広い。
「うちでは管理しきれないわ」「うちも無理だわ、遠いし」「処分するしかないわね」
「でも主人達にとっては生家だし、なんて言うかしら」「そうね~」
等と言いながら、とにかく家中の雨戸と窓を開けていると電話がなった。
昔ながらの黒電話だ。出てみると聞き覚えの無い声で
「お戻りだったのですね。お待ちしておりました。これから伺います」
と言われた。どなた様でしょう?と聞いたのですが相手は答えず電話を切ってしまった。
夜には帰るつもりだったので、義妹と慌てていると夫達が帰ってきた。
電話の事を話して、心当たりを尋ねると義弟が笑って言った
「義姉さん。真面目な顔で何言ってるの?その電話はどこにも繋がってないよ」
10年前に子機付きの新しい電話機に換えた時に、線も引き直したんだよ、ほら、と
黒電話のコードをたぐり寄せた。電話線は途中で切れていた。
凍り付く義妹と私の前で、その黒電話が鳴り出した。今度は四人とも凍り付く。
「来るって言ったのか?」
と夫が言った。義妹が泣き出し、四人で戸締まりもそこそこに車に飛び乗った。
それ以来、義実家には帰っていない。処分は業者に頼んだ。


震 フルエ (恐怖文庫)
黒木 あるじ
竹書房
売り上げランキング: 132036

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

こぇぇ

2010年04月10日土 URL #- /編集

義母、義妹、義弟まではわかるが、義実家って言葉があるのか!?
初めて聞きました!
そのまま義実家で待ってたら、一体何が訪ねてきたんだろうね…

2010年04月10日土 URL #- /編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年04月10日土 # /編集

 死んだおじいちゃんかも・・・

 2回目の電話はなんて言おうとしていたのか気になる。

2010年04月11日日 URL コワイコワイなー #- /編集

得体の知れぬ恐怖か。
どうせなら、先祖共々にその家の管理を誰に
するべきなのか、話し合った方が良いと思う。

多分、こうなるのを予期した誰かしらが
訪ねてくるのだと思うな。

生きてるか、しんでるか、分からんが。

2010年04月11日日 URL 通りすがり。 #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。